inkblot

東京それぞれ


 東京人が東京について歌った曲は面白い。東京という大きな街への反感、屈折した感情を歌っているのだとひとまとめにはできないほど各バンドの色が出ていると思う。という訳で今回はそのことについて書くつもりである。この場で挙げるのは4曲。他はあまり知らない。エレカシの東京観は東京人の東京観としては毛色が違って面白い気がするが、それほど聴き込んでいないので割愛。

 まずはくるりの「東京」。彼らのメジャーデビューを飾ったシングルだが、哀愁漂うメロディなのにそれで終わらないところがくるりだ。インディーズ版のアレンジはやり過ぎだ。苦笑 今の方がメロディが活きる力強いアレンジで個人的には好きである。一見素朴に見える歌詞ではあるが、そこにも強烈な皮肉が込められている気がする。岸田はひねくれ者だ。サビが熱い。

 メレンゲの「東京」はタルホ・イナガキのキネオラマ、不思議に透き通った青緑色の燈が潤む未来都市、きらきらした都会の夜景のようだ。クボは足穂なんか読むんだろうか。近未来的でちょっとレトロな音像はどうしようもなくロマンチックで、歌詞は都会の華やかさの裏の虚しさを描いている。サウンドワークは無機質なのに、クボのヴォーカルが堪え切れなくなったようにサビで感情を滲ませるのが印象的。

 しかし、上の二つもフジファブリックの「東京炎上」と比べたらかわいいものだと思える。あれはすごい曲である。歌詞は訳分かんねえことの羅列だし、サウンドも変態的で訳分からんが、畢竟志村は東京を燃しやがったのである。どれだけ東京が憎かったのかが分かりますな。こんな曲をインディーズ時代から温め続け、3rdで出した志村ははっきり言って気色悪い。しかし東京を燃すなんて最早フジにしか出来ない離れ業。参りました。

 こうして聴き比べていて思うんだが、どいつも愛郷心が強いんだろうと思う(特に志村)。こういう東京に対する幾ばくかの反発はその裏返しなんじゃないか。

 と言いつつ、BUMP OF CHICKENには「東京賛歌」というひねくれ切った曲がある。「嘘が多いとか 星が見えないとか 苦情の嵐 / 上手くいかない事の腹いせだろう」「嘘が多いのはどこでもだろう 星が見えたって どうせ飽きるだろう」と言い放つ。藤原は価値観を引っくり返す男である。厳しいんだか優しいんだか分からない男である。あの男の愛郷心は知らないが、いざとなったら故郷も捨てるだけの強さはあるだろうな。他の3人は無理そうだが。でも、千葉は東京近郊なのでそれほど反感を抱かないのかもしれないな。。。分からんが。

 まあこの4曲の中でどれが一番インパクトが大きいかって、それは「東京炎上」だろうと思う。多分邦ロックで帝都をめちゃくちゃにしやがったのは林檎さんの他には志村しかいないだろう。志村の頭の中はちょっと怖いので覗いてみたくない。






  1. 2011/03/20(日) 08:36:21|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Hello | ホーム | 同じ音楽>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirschrot.blog40.fc2.com/tb.php/256-6f8e30d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)