inkblot

2011.2.26


 しぶりに夢を見た。やつがいた。笑い転げるほど楽しいことをたくさんやった。愉快だった。

 あまりにも楽しかったから次の夢が始まってもその夢のことを考えていた。絶対に忘れないように細部まで思い出しておこうと思った。目が覚めたらすぐにノートにつけよう。それにしても愉快な夢だった!

 しかし、夢の中だからなかなか筋道立てて思い出すことが出来ない。夢の断片が頭の中を漂っている。脈絡なくシーンがフラッシュバックする。頭が混乱してくる。

 ひとりで考え込んでいる私を置いて夢だけが目まぐるしく入れ替わっていた。





  1. 2011/02/26(土) 14:33:28|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<66号線 | ホーム | 志村正彦全詩集>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirschrot.blog40.fc2.com/tb.php/245-b07f2de7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)