inkblot

66号線


 BOCは「友達の唄」をリリースしたところだが、今日は「COSMONAUT」の話を。9曲目の「66号線」のことを最近よく考える。藤原はインタビューでこの曲について「大切な親友に宛てた曲である」ということと、「66というのはその友人に縁の深い数字である(実在の66号線とは無関係である)」ということを明かしている。

 なんだか「藤原は彼女が出来たに違いない」とか言っているのも見かけたが、BOCの曲を聴いてそういう感想を持つというのは読解力不足じゃないか。苦笑 ひねくれ者の藤原は男女の恋愛をテーマとして掲げることはほとんどない。恋人たちが登場しても恋愛ではないところにピントが当てられる。確か本人も「敢えてそういう特殊な時間ではなく、もっと普遍的なことを歌いたい」とか言っていた。自分達の曲はもっとより広範囲のラブソングだと。

 という訳で、小生はこの曲に登場するのは恋愛関係にない文字通りの大親友だと解釈している。藤原はメンバーを想定して書いたんだったらそう明言するやつなのでメンバーという可能性は否定できる。それにしてもインタビューを見た時に藤原がメンバー以外の誰かを「大親友」と形容したことに少なからず驚いた。そもそもBOCは「俺達は(他バンドとの)交友関係が少ない」というようなことをいうバンドだったのである。まあ今はそんなこともないだろうが。ちなみに、ぱっと思いつくなかではハックルベリーフィン、BURGER NUDS、スパイパス、Syrup16g、DRAGON ASH、RADWIMPS、ASIAN KUNG-FU GENERATION、The Pillowsなんかと仲がよい。そういや、スパイパスとかどうしてるんだろうな……

 それはひとまず置いておくとして、歌詞から読み取れる感じでは「親友」はどうやら年上あるいは先輩のような少し目上な印象を受ける。また、

「こいつにはなんにも敵わないなって 笑いながらさ
実は結構 傷付くんだぜ」

という歌詞からは同じ道を進んでいるもの同士のような感じがするよな。もし仮に「親友」が同業者だとしたら、こんなことを言われたらむちゃくちゃ悔しいだろう。敵う敵わないで繋がっている関係じゃないだろ、あんたとそんな風に競いたくなんかないと。それにしても親友のこの言葉は自虐か。

 66、同業者、年上、今どうやらつらい状況にある……とここまで来るとひとり思い浮かぶのがいるよな……そう、シロップ16グラムの五十嵐隆。

 五十嵐は新譜のリリースなしにライブを続けるだけの数年を経て2008年3月1日にシロップを解散した。そしてその約半年後に新しく犬が吠えるを結成したかと思えばまたあっという間に解散している。曲が出来ないわけではない。彼は昔から藤原と反対にむちゃくちゃ曲を作るペースが早かった。今でもリリースのペースが作れないほど難産になっているとは思えない。彼が歌えないのは大人の事情だろう。純粋な創作活動から外れたところでの問題というのはよりつらい状況ではないだろうか。

 シロップはBOCのツアーも一緒にまわる仲だ。シロップの「水色の風」では藤原がコーラスで参加している。「Free Throw」にもBOCの写真が載っていたか。昔からの盟友だ。五十嵐なら曲を発表する機会すらない自分の境遇と藤原の様子を比べて自虐めいたことを言いかねない。シロップは2004年からリリースが止まっていた。五十嵐には天賦の才がある。やつには歌う使命がある。そんな男にこの仕打ちはしねと言っているようなものだ。許されることではない。

 藤原は「その人の涙を見るのは2,3回目だった」と言っていたな。加えて、五十嵐の50とシロップ16グラムの16を足すと……いやいや、気のせいか。ちょっと飛躍しすぎだよな。

 しかし、シロップに、五十嵐に救われている人が過去や現在だけでなく、未来においてもどれほどいるか。BOCとシロップは対のような存在だと思う。陽のバンプと陰のシロップ。しかし、根底にあるものは同じだ。BOCはリスナーのマイナスをひっくり返してプラスにしてしまう。シロップはリスナーのマイナスにマイナスをぶつけてプラスに変える。同じ時代にこんなバンドが双子のように現れたのは奇跡だ。ただし、まったく違う道を歩んでしまったが……

 なんだかBOCについて書くはずが、ほとんどシロップになってしまった。





  1. 2011/02/27(日) 10:52:48|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<5日、メレンゲ、リキッド | ホーム | 2011.2.26>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirschrot.blog40.fc2.com/tb.php/244-1120344f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)