inkblot

Qu’est-ce que c’est?



 こんな夢を見た。

 私は酸の海のほとりに立つてゐる。
辺りは蒸発した酸が霧となつて漂つてゐるので随分と目を遣られた。
仕方無いので私はゴオグルを掛けて酸の海を眺めた。

 酸は鮭の如く赤みがかつた鮮やかな桃色をしてをり、其処に一〇〇平米もあるやうな白い布が浮かんでゐる。

 ハテ、何故あんな所に布が?

「へえ、手前どもはああして布を作つてをりますんで」

 慌てて隣を見れば、何時の間にか酷く醜いせむし傴僂の男が私を見上げてゐる。

「其れは一体如何いふ意味?」

 傴僂はいやに明るい鳶色の目でニタニタし乍ら私を見た。

「埋められたばかりの、まだ白い経帷子がシヤンとした仏を機械に掛けると汁が出来ます。其奴をソウツとあの酸の海に流し込んでやると、汁が酸と何ヤラ化学反応を起こして固まるんで。手前どもの布は中でも物が良いから好く売れます」

 さう云つて慇懃に一礼すると、又ニヤニヤした。
傴僂からは何だか不快な印象を受けたが、私は成程然うかと思つた。

 私はもう一度酸の海に目を向けた。水面から立ち上る蒸気は宛ら湯気のやうである。

 然う云へば、私はこのやうなソツプを前に食したことがあつたものだ。あれは確か此処より少おし南へ行つた所の島であつたなあ。ちやうど此れのやうに鮭みたく赤みがかつた鮮やかな桃色をしてゐた。朦朦と湯気が出るホド熱々で、味は甘辛くて猶且つ酸つぱい。具は何も入つてはいなかつた。植物のやうな動物のやうな味。摩訶不思議だが、大変美味であつた!

 私は酸の海のほとりでそんなことを考へてゐた。







                                     了
  1. 2009/09/28(月) 23:51:53|
  2. Strange Javas
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ちいさなちいさな王様 | ホーム | I Don't Care.>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirschrot.blog40.fc2.com/tb.php/19-9033253a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)