inkblot

廃盤は困る

レンゲのインディーズ時代の名盤に「ギンガ」というのがある。フジファンに分かりやすく言えば、メレンゲのAXでの5周年記念ライブで志村が「うつし絵やるのか?」という期待を裏切って歌った「ソト」が入っていたりする。

個人的には「チーコ」が入っているというのが重要なところなのだが、いかんせん廃盤なのでなかなか入手困難であってまだ持っていない。「二人しかいないのにバンドとか言うのは恥ずかしくて嫌だ」とクボがわがままを言ったためソロ名義ではあるがもうすでにメレンゲ、今でもセットリストに食い込む曲がいくつもある。

とはいえ、オークションで手に入れるのは癪である。やはりどうせ買うなら売り上げに貢献したいよな。という訳で少し探し回っていたのだが、とうとう見つけた。在庫があるらしい。一応確保したので、火曜あたりにでも別件のついでに取りに行って来ようと思う。うむ。あそこは意外と盲点じゃないか。。

もういっそのことワーナーから再リリースしてもらいたい。ちなみに「ギンガ」をリリースしたのはロフトのレーベルであるSONG-CRUXではない。「少女プラシーボ」はそうだが。あれはどこだったか。。

しかし聞くところによると、「ギンガ」のパッケージは大変ドSな構造であって歌詞カードを取り出す際に破かないようにするのが至難の業であるという。燃えるぜ。。








  1. 2010/11/14(日) 13:38:12|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<米澤先生の「概ねわたしの計画通り」な華麗なる経歴 | ホーム | キシダ君観察記3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirschrot.blog40.fc2.com/tb.php/171-6663b67c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)