inkblot

フジファブリック presents フジフジ富士Q 11

ライセラ和田の後にやって来たのは真心ブラザーズ。YO-KINGが「トイス!」と言って出て来る。1曲目は予想通りの「TEENAGER」を。ミスチルじゃない方の桜井さんが歌詞に詰まったのがなんとなく頭を離れない。志村も自分も間違えまくるくせに、そういうのをすごく気にしそうだ。

 2曲目はスカパラホーンズも迎えて、「線香花火」。

「今は全部放っといて 富士急にドライブでも行こうか 富士山の見える富士急へ 何も要らない所へ」

 とYO-KINGが歌詞を変える。感情の読み取れない顔でサービス精神を垣間見せてくれたYO-KINGに反して、私の気分は上がらなかった。まわりのオーディエンスはそれなりに楽しんでいるようなのに、おかしかった。今この日、この場所で真心なんか見るはずじゃなかった。頭では分かっていても、やっぱりそれは変わらない。



 真心が引っ込んでも、当然のことながらスカパラは残る。スカパラの後はPUFFYだけどそんなの知るもんか。また誰かボーカルが出てくるよな、コウセイなんかがさと、血走った目をステージのあちこちにやっていると、「Surfer King」が始まってしまった。

 イントロのテケテケしたギターのリフが終わっても、歌い出す声はない。歌い出す男はいない。今、この瞬間に一番必要なやつがいない。たった一人、この場で主人公になり得る人間が居ない。居ないんだ! 絶望して、涙があふれた。耐え難い絶望と悲しみだった。そりゃあそうだ。いつだって絶望と悲しみは耐えがたい。

 この5分間が、その日最もこの大きな(大きすぎる)不在をコニファーに露呈させた瞬間だった。







SET LIST

真心ブラザーズ   「TEENAGER」
             「線香花火」(with スカパラホーンズ)

スカパラホーンズ  「Surfer King」



  1. 2010/08/30(月) 12:56:30|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ただ今 | ホーム | フジファブリック presents フジフジ富士Q 10>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirschrot.blog40.fc2.com/tb.php/128-7fa87c38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)