inkblot

フジファブリック presents フジフジ富士Q 10

換を経て、次に(文字通り)飛び出してきたのは和田唱。この絡みづらいハイテンション(親譲り)の持ち主は、必ず2曲のうちどちらかで「陽炎」を出してくる! と身構えていたら、突然の「Strawberry Shortcakes」のイントロ。か、絡みづれえ! 外見と内面(メンタル)のちぐはぐさも親譲り……なのかね。。。。

 後になって「なぜ「Strawberry Shortcakes」なのか」と訊かれたワダショは、「好きなんだよ。あの曲にはドアーズを感じるね!(大意)」と語っていたが、確かに意外と歌えていたような。「Strawberry Shortcakes」だけに、ワダショの甘い声もアリかもしれないとは思ったが、実はそれ以前に若干置いてけぼりを食っていた。なんというか……不思議な動きをするよな、彼は。

 ワダショはやっぱり身振りが(必要以上に)大きかった。ワダショはやっぱりテンションが(必要以上に)高かった。きっと寝てる時でも多分高いのだと思う。

 実際、曲間のMCでは「この人、楽屋でもこのテンションですからね!(強意)」と先生も強調するほどである。

「イエーイ! 今日は呼んでもらってすごく嬉しいです! あれ? なになになに!? みんな楽屋でもっと絡んで来てくれるって言ってたじゃん! ほら! カモン!(大意)」

 一同苦笑。「や、これから絡みますよ」的なことを先生かソウ君がボソボソと答える。

「シムシムは多分、今富士山のテッペンにいるYO!! つか、富士山超キレイ! ダイちゃん、みんなに教えてあげた?(※教えてくれました) 今日は個人的に思い入れのある曲をやります! シムシム、聴いてくれ!(大意)」

 というMCからの「陽炎」。とは言え、やっぱり別の意味で切なくなった。ワダショ、志村は富士山になんか居ないぜ。やつがそんな遠い所に居るわけないじゃないか。やつはやつが主役のそのステージの上に居るさ。アンタと同じステージの、そう隅っこにでも。多分先生サイドだろうな。ワダショ、やつをそんな遠くへやったりしたら、多分高確率で恨まれるぞ。






SET LIST

和田唱(TRICERATOPS)  「Strawberry Shortcakes」
                 「陽炎」



  1. 2010/08/29(日) 12:54:50|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<フジファブリック presents フジフジ富士Q 11 | ホーム | 怖い話について、少し>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirschrot.blog40.fc2.com/tb.php/127-d45acca5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)