inkblot

His Kingdom

 オレはある日こんな夢を見たんだ。

 なんだかしらないけど、へんな森を歩いてる。だけど、その森がほんとにへんだった。なにもかも全部が氷でできていたんだ。木も草もぜんぶ透きとおっていて、アートだったらよろこぶかもしれないけど、着てるのはパジャマだけで靴なんかはいてないし、足がつめてーのでオレははやくここからぬけたいとしか思わなかった。

 ふしぎと音はしない。サクサクと草をふんであるいているのにだ。ただ、耳にくいつくような嫌なかんじの無音じゃなかったから、オレはあんまり気にしないことにした。
 
 そういえば吐く息も白くないけど、夢だからべつにいいよな。そうおもいながらまっすぐ歩いていると、ふいにひらけたところに出た。たくさんの氷の動物たちが誰かが寝ているベッドを、身じろぎもせずに取り囲んでいる。

「あ」

 目をこらして見てみると、ベッドにねているのはアートだった。オレは動物たちをよけながらアートのところへ向かった。なかには見たこともないようなへんな動物もいたりして、よくできてるよなとおもいながら、ためしにちょっと鹿のつのにとまっている小鳥をつついてみたら、それは一瞬でこなごなに砕けた。オレはかたまった。しばらくして、ドキドキしながら、鹿のほうにもさわってみた。やっぱりこっちも、さわった瞬間に跡形もなくこわれて消えた。オレはまたちょっとかたまった。
 
 キレーだけど、なんかおかしーんじゃねーかな? くびをふりながら氷のベッドにたどりつくと、オレはベッドに包まれるように寝ているアートをそっとゆりおこした。

「アート、おきろよ。どっかちがうトコいこうぜ」

 アートは目をさまさなかった。かわりにベッドのそばにはえている花がゆれた。

「やだよ、ニコ」

 声はねむりつづけているアートのかたわらの花からきこえていた。また花がゆれる。

「ずっとここにいてもいいじゃないか」

「ダメだよ。ここ、すげーへんじゃん。なんでもすぐこわれちゃうし、うごかねーし、色ねーし。オレやだよ。アーサー、はやくあそびにいこーぜ」

 ベッドの中のアートが寝苦しそうに少しまゆをひそめたように見えた。

「なんでさ。ここには失われていくもののかなしみと美しさがあるよ。僕はここにいたいんだ」

「でもダメだよ」

「でもいやだよ」

 そうこうしているうちに色のない空から白いものがふってきた。雪だ。まったく、へどがでるよ。

 オレはそばの花をにぎりつぶした。その瞬間、アートはぱっと目をさました。そのままベッドからひきずりおろすと、アートの手をつかんでオレはふりかえりもせずにはしった。
 
 氷の森は音もなく崩れはじめていた。アートはびっくりしたように大きな声で泣き出した。

「おまえ、ここにはかなしみと美しさがあるっていっただろ? でも、ここにはそれしかないんだよ。おかしいぜ。ほんとの世界はもっといろんなものがあるじゃないか。こんなトコにずっといちゃいけないんだよ」

 でも、この世界の出口にむかって走りながら、崩れていく世界にかなしげに響いているアートの泣き声をきいて、オレは自分がしているのはただのおせっかいなんじゃないかとちょっとにがにがしい気持ちになったんだ。




                                                                                                                     end
  1. 2009/05/29(金) 23:18:34|
  2. etude
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<JESUS CHRIST SUPERSTAR | ホーム | 桃黍貴賤>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirschrot.blog40.fc2.com/tb.php/12-28abf445
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)