inkblot

星が目を射て耳を射る


ある日、森で仕留めた勇壮な雄鹿(おじし)が星を吐き出した。
生きていた時の瞳の輝きをそっくりそのまま移したような。
眩い毛並みの白を、そっくりそのまま映したような。
舌から転がり出たそれを握りしめると、じんじんと熱い。

ニコデモは雄鹿の舌(サヨ)、肝(キモ)、心臓(マル)、膵臓(タチ)を取り。
雄鹿の舌、肝、心臓、膵臓を取り、十二の串を捧げて祈った。
神は贄を嘉納し給い。
清い風を北へと吹かせた。

ニコデモは残りを持ち帰り。
肉は干し、毛皮は鞣し、角と骨は削って杖にした。
そしてそれらを持ち。
星を袋でぶら下げて、北へと向かって旅立った。
彼はもう、置いて行かれないものを何も持っていなかったから。

森を抜け。
静寂(しじま)に白い灰の降る。
死の山を越えた。
灰は雪のように、しかし雪よりも柔らかく彼の足跡を消す。
この灰のように、死者も眠りにつくのだろう。

尾根を歩き、澤を伝った。
夜は火を熾して毛皮を纏い、休んだ。

数多の山々を超え。
或る山の頂に至ったのは夜に入る頃だった。
小さな焚き火を熾し。
最後の鹿肉と、澤の魚を火に掛ける。
湯が沸いて、草で作った茶になった。
少しずつそれをかじり出す。

慎ましい食事が半ば終わった時。
強い夜風が火を掻き消した。
胸元の星が強く輝き出す。

鹿の星は、強く強く輝いて。
袋を焼き切り、飛び去った。
そして空から星が降り。
そして空から星が降り。
星の雨が彼の心を畏れで満たし。
星が瞳(め)を射て、耳を射る。
星々は歌いながら、雨と降り。
ニコデモは手で目を覆い、絶叫した。
その声もまた歌になる。

彼の瞳には星が宿り。
彼の眼は盲いた。
彼の舌には星が焼き付き。
張り裂けるような声で歌いながら彷徨った。

斯くして彼はカウボーイとなった。



  1. 2016/11/29(火) 15:57:56|
  2. 短編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

20161127 クボノ宵

途中までしか書いてないのだが、備忘録にはなるかと思って上げておく。




 くたばってますが、久しぶりにクボンゲを観てきた。いや、絶好調だった。クボンゲのコンディションももちろんなのだが、セットリストもとてもよかった。出だしから「ムカデノエキ」「春雨の午後」「声」「CAMPFIRE」って殺しにきているとしか思えないよな。ソロはいい、クボンゲもがんばってギター弾くからな。クボンゲのギター結構好きなんだ。

 しかし声のコントロールがよくなっている気がする。声は張り詰めているが、ただ鋭いだけではなく、強め方とふっとした弱め方が本当にうまい。そして伸びやかで色気があっていい。たとえばデビューして数年くらいの声はどうしてよいかわからず、感情の激するままに声を放っているような感じだったが、もうそうではないな。ちゃんと自分の声という武器を分かっている。

 MCは相変わらずぐだぐだである。かみまくって何を言っているのか分からなかったりするのを聴きながら、ああ今めっちゃクボンゲのライブ観てるわと感慨深かった。

「今日さ、西新宿あたりで、車を警官が百人くらい囲んでるのをみた。誰かみてない?」
「逮捕とかなんですか? え? 百人?」
「うーん、五十人くらい」
「・・・半分なんですけど。え、どんな感じだったんですか?」
「なんかねー・・・車を二十人くらいの警官が完全に覆って見えないようにしてたんだよね。有名人かなんかだったんかな」
「・・・また減ったんですけど。見えないようにしてくれるなんて警察優しいですね。ホントは何人くらいだったんですか?」
「うーん、、、十人」
「・・・・・・」
「なんか五人くらいが車囲んで、脇で話きいてた」
「・・・・・・松江さんとかも話めっちゃ面白いんですけど、めっちゃ盛るんですよね。まず大げさに言うんですよ。クボさんもそういうとこありますよね。僕は真面目なんで、真面目に本当のこと言ってややウケみたいになるんですけど、もっと大げさに言うようにしようかな。。。で、何人くらいだったんですか」
「でもホントにすごい警官が、二人の警官が車を囲んでて」
「(失笑) 少なくないですか?」
「でもな~ 結構いっぱいいたんだよな~ 絶対十人ちょっとはいた!」

的な会話をしていた。だらだら話している割には内容が泣けるほどないッ!! 


 ずいぶん観られていなかったので、「ハイウェイアンドキャッスル」という新曲ははじめて聴いた。クリスマスソングのB面みたいなことを言っていたな。いやしかしこの曲はドストライクだった。「高速を走りながらラブホを探す」というくそみたいな内容の歌を、タルホ的なレトロ近未来SFにしてしまうんだからクボンゲはすごい。「東京」もそうだが、クボンゲは絵の切り出し方がめちゃめちゃ巧いよな。そして光の質感の詞・サウンド両方向からの描写のクオリティがすさまじい。クボンゲは何かストーリーが浮かぶというより、映像が見えるタイプなのでただ見えたまま書いてるんだろうが、頭の中から曲になるまでに画質がまったく落ちていない。早く音源がほしい。

 「クリスマスタイム」はギターのコード進行が複雑で、ライブで再現するのが大変なのでいっそのことオケを流してやりたいというようなことを言っていた。頑張ってください。元オトナモードの井原氏を呼んでやっていた。
  1. 2016/11/28(月) 20:19:55|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0