inkblot

20160124


 今年から博文館の当用日記を使い始めた。日記は三日坊主派である。まあ五日続いたためしもないのだが、いまのところ奇跡的に続いている。これが非常によくできた日記帳なのだ。使い勝手のいいフォーマットというだけではダメだ、大事なのは情報量だ。六曜、旧暦、その日付に過去起こった出来事、短歌なんかが一頁に書き込まれているので、それが見たくてつい日記を手に取るし手に取れば書く。という訳で小生は1月24日がちょうど旧暦の12月15日になるということを知って少し興奮している。

 旧暦というのは太陰暦、つまり月の暦なので毎月15日は必ず満月になる。月の信仰は古い。月はひとつきの間に、死んでよみがえるからである。今でもあちこちの神社の神事だったりは依然としてどこかの15日にやることが多いのではないかと思う。たとえば成人の日も少し前までは1月15日だった。12月15日は一年最後の満月だから、この日におこなわれる神事もやはり多い。たとえば宮崎県の銀鏡(しろみ)神楽は猪の生首を神饌として夜通し三十三番からなる神楽を舞う。かねがね観に行きたいと思っているのだが、なにせ遠い。

 さて、月の信仰に話を戻そう。信仰の核となるのはやはり月が生死を繰り返すことだ。月の信仰は太陽信仰にさかのぼると言われている。日本でいえば、縄文時代にそれは濃密にみてとれる。死と再生を繰り返す月神の涙や唾液や鼻水――つまり体液もやはり同じ力を持つと考えられていた。変若水(をちみず)だ。顔面把手付深鉢形土器という縄文土器がある。壺の縁に、そこを覗き込むように顔がついている。その目や鼻や口からこぼれ落ちた体液がたまっていく。月神をかたどった顔のついた土器、その中には変若水の代わりに酒で満たされていたのではないか――。ネリー・ナウマンはそう論じた。

 12月15日。最後の月が満ちる。死にゆく年はやがて古い皮を脱ぎ捨てて生まれ変わるだろう。月神の持てる霊妙なる水がほんの一粒でも誰かの墓標に注げばいい。



  1. 2016/01/24(日) 10:07:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

君が強く望みさえすれば


 明けましておめでとうございます。暮れに風邪をひいてまだ治りきらない。日頃の行いが悪いと、こういう時困るな。去年は全然更新できなかったが、今年はいろいろ片付けなきゃならないことを片付けて書きたい。というか一番の問題はPCが壊れたことである。12月24日のために書いた小説も手書きのままだ。まあ自己満足だから載せる意味がどこまであるかと言えばそうなのだが、そのうちどうにかしようと思っている。

 ところでSONGSと紅白を観た。藤原、緊張してたな。でもめちゃめちゃかっこよかった。「ブラウン管の前で評価されたくない」って言ってたのにどうした、みたいなことを言われるが、その言葉の真意はプロモーション戦略の一環としてテレビに出ることはしたくないということだろう。BOCはけっしてプロモーションとして地上波のゴールデンタイムに出ることはしなかった。筋は通している。では今、紅白やMステに出ているのはどういうことかといえば、それはある種のレスポンスなのだ。リスナーの声に応じて、あえて派手で傷つきやすい場所に身を晒しに行っている。かっこいいよな。BOCはいま黄金期にいる。変な迷いがない。いや、最高だね。生きて年を取っていてよかった。新譜もジャケットださいが楽しみだし、幕張も楽しみである。

 というわけで相変わらずクズですが、今年もよろしくお願いいたします。


  1. 2016/01/02(土) 14:24:03|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0