inkblot

殊能センセーを詰る会

 いや、もうまったく全然知らなかったのだが去る2月11日に殊能将之先生が亡くなっていた。君は殊能センセーを知っているか。小生ごときが殊能センセーを語るのはなんというか、不相応な感じしかしないのだが簡単に説明させていただく。本名を田波正といい、早いうちからSF界隈では「神童」と呼ばれていた人で、名古屋大学理工学部を中退しその後東京で働いていたものの、体を壊し故郷の福井に戻ったりと姿を消していたが、1999年『ハサミ男』で第13回メフィスト賞を受賞し、作家としてデビューした。ちなみにペンネームは『楚辞』の一節からである。

 デビュー作の『ハサミ男』は鮮やかな××トリックで多くの読み手をあっと言わせた傑作である。文章からは書き手の教養の高さが窺われるが、それでいて非常に読みやすい。もう明らかに素人ではない。またイギリスのバンドXTCが印象深い登場の仕方をするが、小生はこれを読んでXTCが好きになった。そういや殊能センセーは『ママー』が嫌いなんだっけな。

 その後の作品は石動戯作(いするぎぎさく)という探偵が登場するシリーズになるが、とにかく「ミステリ」という枠組みをぶち壊すような問題作ばかりだった。『美濃牛』は横溝作品のマッシュアップ、『黒い仏』は実はクトゥルフといった具合である。「「ミステリ」という枠組みをぶち壊すような問題作」というと、麻耶雄嵩もいるじゃないかという話になってくると思うが、個人的に麻耶雄嵩はあまり好きではない。殊能センセーの独特のユーモアというか茶目っ気が好きなのだ。「まだ全然本気出してないけどねw」という感じがある。ミステリ読みが『黒い仏』で激怒したという話をよくきいたが、小生はエセミステリ読みなので愉快だった。

 『キマイラの新しい城』とその後に短編を一本発表してから、殊能センセーの新作に関する情報をきくことはなかった。しかしブログはまめに更新している。そのうちツイッターを始めてからはそっちばかりになったが。殊能センセーのブログはすごい。料理にめちゃめちゃ凝っていたかと思えば海外ミステリの話が出てきたりテレビの話をしていたりと引き出しが物凄い。個人的に一番好きなのは夢日記だ。頭がよくなければあんな夢は観れない。

 殊能センセーはまた体調を崩したり、精神病院に入ったりしていた。もうね、小説を書いてくれとは思っていなかった。生きていて毎朝「オイッス!」と呟いてくれればいいと思っていた。調子のいい時は「ももクロ観た」とか呟いてくれればいいと思っていた。だがそれさえも贅沢だったと云うのか。ふざけんな。殊能センセーのばかやろう。

 最後のツイートは













というものだった。これを読んだ時、不安を感じたのを覚えている。調子が悪いのは本当にパソコンなんだろうか
。殊能センセーはぱっと見おちゃらけたオタクのニートおじさんだが、その実本当は真っ当な頭の固い人らしい。身体を壊したといっても、精神の不調から来ているきらいがあった。それにしたってこれから3日後ってなんだよな。

 殊能センセーはお姉さんにがっつり監視されているようだったので安心しきっていた。バカだった。死因も公表されていないし、しばらく訃報自体が伏せられていたということはそうとしか思えない。あれこれ多趣味な人だが、どれにもさほど執着があるようには見えなかった。でもアンディ・パートリッジが新曲でも出せばどうなったか判らない。

 まったく本当なのか。タチの悪い冗談じゃないのか。殊能センセー好きそうだしな。だが冗談だろうと本当だろうと容赦はしない。小生はここに、殊能センセーを詰る会を立ち上げる。このクソがーッ! こっちに期待を持たせるようなツイート残しやがって! 戻って来るの待っちゃってただろうが! 死んじまえ! って死んどるやんけ! むなしいわ! 

 「己は宇宙という巨大な粘土の塊からちぎり取られた小片であり、己は宇宙であり、宇宙は己である。そして、死ぬということは巨大な粘土の塊に帰ることにすぎない」というブラフマニズムを採用するならば、今頃殊能センセーは宇宙全体を自分として知覚できている訳でさぞ楽しい毎日を送っていることであろう。もう読みたかった本とか読み放題である。むかつく。しかしまあ、そういう仮定が成り立つならば、この罵倒もしっかり殊能センセーに届くという訳である。というか、最早殊能センセーは小生なのである。何を言っているのかわからねーと思うが。。いやもうなんか自分でも泣きながら書いててよく判らねえ。

 しかし死ぬなんてだっせーよなあ。。。今手元にないやつも全部買い直して読み直そう。読もう読もうと思って読んでいないアヴラム・デイヴィットスンも読もう。今でも好きですよ、センセー。これから先どこかでばったり、殊能センセーの溶け込んだ世界が偶然殊能センセーの色の濃い雫をこぼしたように生まれた小説に出くわすのを、ずっと頭の片隅で期待している。



  1. 2013/04/27(土) 11:45:25|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

20130424


 昨日観たメレンゲの余韻で今日を生きてしまった。照明と影の狭間で一瞬クボが志村に見えた。しかし志村もあれはクソ悔しかったに違いない。もう何というか志村とメレンゲについて語り合いたいくらいである。気が合うんじゃないかと思うんだ。多分みんなそう思ってると思うけどな。。。

 しかしメレンゲはじりじりとフジファブリックに近づいていく。「キューン・ソニーに移籍します」と云った時のクボンゲの顔は嬉しそうだった。小生は未だにクボを志村の形代として観ているのか。しかし形代といってもただの代用品なんかでは勿論ない。全くの別人なのにどこかで溶け合っているような不思議な感覚だ。もうアニミズム的思考だと言われても構わん。ふと歌詞が頭をよぎるでもそれは本当に最後の最後だけでいい。切り札のような救いは既に用意されているが、だが彼はもっとスマートで魔法のような答えを用意してしまうんじゃないか。そんな予感に満ちている。


  1. 2013/04/24(水) 10:09:17|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

20130418


 うおお、何も更新できないまま日が過ぎていく! いや、どうでもいい個人的な理由なんだが、院の早期履修だとか、誰も興味がないだろうからどことは言わないがフィールドワークを決行したり、バイト先が微妙に荒廃していたりだとかで結構忙しいのである。今日ゼミの数を数えていたら六つくらい出ていた。本当は後2,3個出たいが死ぬかな。博物館のインターンも迷っている。という訳で夜はPCをつけるだけで力尽きている今日この頃である。今日は講義が一つ休講だったのでちょっと元気だ。インターンの書類も清書はまだだが、大体書き上げたしな。こうして記事は駄文が書けそうだが、コメントまではちょっと手が回らないので休日に返信したいと思う。そういや、今週は町内会の集まりがあったな。。今思ったが、小生が町内会の仕事を任されるのってなんかおかしくないか。お母さんやれYO!! 

 いやあ、毎日凄い事が起こり過ぎて嬉しい悲鳴なのだが、来週はメレンゲだったな。そういやミイラズも当たったんすよ。いいでしょう(ドヤ顔) まあ五十嵐復活ライブは取れなかったのだが。これでBOCのチケットが取れなかったら憤死しそうである。あとやっとキセルと、それからアンディが行けることになった。しかし今回のツアーは何でチケットが取れなかったのか。忙しくてあんまり当時の記憶がない。多分何回か先行を見落としていたんだろう。しかし今度こそ行けるので楽しみである。来月は萬斎とフジが待っている。・・・まあ8日の予定は空欄だけどな。泣いてなんかねえよ! まあしかし思い出すたび、ちょっと震えている。またライブやってくれるよな? いつまでだって待つからいつか観せてほしい。

 しかし23日にはメレンゲとGREAT3の対バンが発表されるんだろうか。ライブ・プロデューサーというのはなんか謎である。今回のグッズ、なんか可愛らしいよな。メレンゲらしくていい。「July」聴けるだろうか。。楽しみだな。忘れられない夜にしてくれ。あんまりクボンゲの緊張がほぐれてないといいな。リラックスした時の歌い方よりも緊張している時の声の張り詰め方が個人的にぐっと来るのである。ゴーイングとの方の「給水塔」を何故か聴いているんだが、高まるな。早くあの切り裂くような、刺し貫くような声が聴きたい。あとマジでライブDVD頼んます。出すみたいな話を聴いてからもう、そんな話は影も形もなかったBOCやフジのやつが出ているのだがそろそろ本気を出してもらえないか。

 フジのDVDがやっと届いた。ジャケットがいいな。今日観ても多分寝落ちするに決まっているので、週末にじっくり観ようと思う。ホシデサルトとか観るのが怖いな。生で観た時、総毛立ったことを思い出すだけでまた鳥肌が立つ。DVDを観てもやはり凄まじいのだろうか。もう正座して観るしかない。

 何だか体力が尽きかけてきたので、書類の清書をして寝よう。毎日楽しいことばかりだ。ただすぐに力尽きるので体を鍛えたい。目標は重たい荷物を背負って何キロもスタスタ歩けるようになることである。そうなればもうフィールドワークは方向音痴以外に怖いことはない。いやでも方向音痴が普通に一番ネックだよな。



  1. 2013/04/18(木) 21:57:38|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4