inkblot

20130324

 春が来た。暖かそうな日の光に騙されて凍えたりしている。新譜にクレジットがないことだとか、「ビスケット」の明るい音だとか、桜がもう満開なことだとかが、心に鈴なりに刺さっていく。そんな心でまどろむように暮らしている。なんとなくわすわくするけど、なんとなくそれより寂しいのな。街を袴姿がそぞろ歩いている。

 春になったから手紙が書きたい。便箋は小町通りのあの店の一番いいやつで、万年筆はモンブランで、インクは銀座の伊東屋で買った露草で、住所は富士吉田にしてウソばっかりしたためたい。一世一代の大ウソで。字が汚いのは見逃してほしい。インクも何故かすぐにじむ。やあやあ、どうも、お元気ですか。こちらはまだあの日の続きにいます。

 どんなホラを吹こうか。そうだ、この前観たペルシャのイスラーム神秘主義集団が昔托鉢に使っていた不思議な鉢の話がいい。黒檀のような黒い木に白い木が象嵌されていて、鉄の鎖がついている。くびれの緩やかなピーナッツのような、木のうろのような風変わりな形をしていた。ああいう器のことをカシュクールと言うらしいのだが、調べたら「胸を隠す」という意味のフランス語の婦人服が出てきたので困る。おい志村、変な想像するんじゃねえ。つうかどうでもいいのだが、前々から「冬でも素足の女子高生がいい。ストッキングなんて論外」という志村の発言に納得がいかない。いや、セーラー服に黒タイツだろ。絶対にそれが最強だ。いつかその件についてじっくりと議論したい。数年来の願望である。

 新譜に踊らされながら、その中の寂しさや怯えを鷲掴みにしたい。同じようなものを持っているから、見逃しはしない。手放しはしない。

  1. 2013/03/25(月) 14:28:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メレンゲとリクエスト


 『星の出来事』が聴きたくなるような陽気である。メレンゲが何やら4月のライブでやる曲のリクエストを募ってるらしいな。そういや、まだ10周年なのか。ギリギリだな! そして唐突である。単なる思いつきなんじゃねえか? 疑惑はぬぐえない。。。

 ていうか、前も散々リクエストやってたよな! 全然やってくんなかったじゃねえか「July」! もういいよ。どうせまたそういうことだけ言って全然やらないんだろ。バーカバーカ。だって「カバー曲やります」という趣向のライブでメンバースタッフ全員がそのことを忘れていて、一曲もカバーしなかったバンドだからな。怪しい。第一、上位曲が普段やってる曲と被ったりしたら何の意味もないじゃないか。怪しい。実に怪しい。あまり期待はしないでおく。

 リクエストということはどんな曲でもいいのかと思って、「July」の他に「赤黄色の金木犀」とか「カゲオクリ」なんかをこっそりリクエストしようと思っていたが、出来ないので悲しい。「July」聴きてえなあ。。B面が聴きたいよな。「ムカデノエキ」とかな。「ラララ」はいいす。メレンゲは自分たちのB面を過小評価しているのか、単に練習がめんどくさいのか。。。多分後者である。

 なんかもうちょっと甘やかされずにやっていってほしいものである。フジの2012年はすごかった。それぞれのペースはあると思うが、やると言ったことはやるべきだよな。本編MCノーカットのライブDVDとかな。やらなかったら、それは嘘だ。

 4ヶ月ぶりのライブだが、どうなるんだろうか。7月のワンマンははっきり言ってそこまでよくなかった。12月のゴーイング、ユニゾンとの対バンはすごくよかった。久しぶりのライブに対する喜びがバンドとオーディエンスの双方にあったからだろう。そういう風になるんだろうか。さて、「July」に対する熱い思いを送りつけて来るか。




  1. 2013/03/20(水) 11:31:05|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

20130312

 悩み事がある。BOCのBDがドライバに入りっぱなしでフジファブリックのDVDが観られないのである。つけると観てしまう。とりあえず隠しを観たらフジを観ようと思っているのだが、いつも2周目を待たずに寝てしまう。ていうか、昼間に観ればいいのではないか? だがそれに気付いたのが今なので今日も寝落ちするんだろう。今まだ1周目だしな。しかし、自分が観てもいない日の映像ばかり観ていると、自分が観たあの最高の光景と音が薄れるのではないかという心配がある。実際、観ていて記憶とのズレがかなりあるしな。まだ大丈夫だが少々怖い。

 それにしても「angel fall」とか「分別奮闘記」だとか「ダンデライオン」だとか「K」だとか「ギルド」、「66号線」、「R.I.P」、「ホリデイ」、「fire sign」、「くだらない唄」、「stage of the ground」、「車輪の唄」、入っていない唄が多すぎる。MCも! MCカットしくさって! BOCなんか高くても売れるんだから、そんなみみっちいことをしなくてもいいだろう。こっちは擦り切れるまで観るんだぞ? マジでノーカットにしてくれ。。。でもライブって本当に最高だな。何よりもBOCのライブがもう一度観たい。もっとライブをやってくれ! ぶっちゃけ新曲よりもライブがいい。あの光景をもう一度生で観たい。

 ノーカットと言えば、メレンゲはどうなるんだろうか。BOCだとかフジだとかリリースも目白押しだし、最近面白い本も多いので正直それほど意識がいっている訳ではないのだが、時々思い出して不安になっている。最近はどちらかというとちょっと呆れているが。10周年という記念の年も上半期で、燃え尽きてあまり精力的に活動したという感じはなかったしな。やはりコンスタントに新しい情報を出さなくてはいけないのではないか。ツヨンゲなんかもうブログも更新してないじゃないか。いいのか? それでいいのか? 売れたいんだったら行動で示せよ! いいバンドなんだがなあ。曲を作って演奏するという意外のバンド活動に、あんまりやる気を感じられないよな。ううむ。。。

 ああ、藤原よく笑うようになったな。あまり彼に歯を見せて笑うようなイメージがないんだが。でも笑った後に恥ずかしがるところはやっぱり藤原である。そしてチャマうぜえな! いや、褒め言葉である。すげーいいシーンでチャマのうぜー顔がチラッチラ映るのがいいっす。昨日は読んでいた本が面白すぎてPCをつけなかったので、観るのが少し久しぶりなせいかアガる。増川は上手くなったな。。ギター、上手くなったな。。。でもなんだかんだ結構音数を増やしている分、難易度が下がっている曲もかなり多いのでもっと上手くなってほしい。秀ちゃんはなんか表情がどれもいいな。ブリーズライトがいいっすね。ブリーズライトが。でも秀ちゃんのMCはなんで入ってないんだろうか。。しかし「三ツ星カルテット」のイントロのアルペジオはDVDで観るとド下手くそというほどでもないが、上手くもない。でもフジQのクボンゲもDVD化された時に大分音程直されてたしな。。。怪しい。比較対象として、ちょっとタコヤキの方の山内氏にノリノリで弾いてみてもらいたい。試される大地の方の山内氏でもいいが。「sailing day」の一番で藤原以外のメンバーがやることなくて拳を上げたりしているのが面白い。恥ずかし島では「ホリデイ」なんかもやってたよな。あれよかったな。。。「カイワレ言うな」とかな。あー! 一年前に戻りてえ! 

 しかしこれ、きりがないな。もっと他に書くものがあるんだが! そういや、誰からも突っ込まれることはなかったが、1月あたりの24日の記事が結構な間読めるようになっていなかったのは地味にヘコんだ。不覚である。。。なんか他にも忘れていることがありそうで怖い。あちこちでざっと原稿用紙100枚ほど書いているのだが、どれも上手くいかないのも悩みである。胃が痛いな。。。胃が痛いで思い出したが、今一番の胃痛の原因はそれではなく、今日結果が出た例のライブの先行である。これで一般まで何もなかったらどうしてくれようか。


  1. 2013/03/12(火) 23:25:57|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ボイジャー/グライダー

 なんてことだ。BOCのライブDVDとフジファブリックのアルバムが同日に出たせいで、もうなんか小生はキャパオーバーだ。昨日は出先で、フラゲの意味が皆無だったのだ。

 まずBOCの方から観たが、ボレロが終わったあたりから何かがおかしいと感じ始め、紗幕の向こうからドラムが響き始める頃には、花粉症的な何かがぶり返して大変だった。いや、これは絶対に花粉症的な何かである。鼻水を垂らしながら号泣していた訳では決してない。多分、多分目がかゆかったのだ。何だよちくしょう、色々思い出すじゃねえか! でも金沢の方がよかったな。あの「supernova」はもう二度と聴けないよな。だから別に代々木なんか行けてなくても悔しくはない。悔しくない。

 しかしカメラワークは好きじゃないな。素材はいい。でも妙な躍動感を出そうとして、逆に見づらくなっているような気がする。なんかがっつり観たいのにふわっふわしているような気もするな。まあ初見の感想だから、そのうち変わって来るかもしれないが。というか「beautiful glider」の前のMCのくだりで、手があまり映らなかったのであのカメラワークは認めん! おい! 藤原の指! というより基本的にもっと手元が観たいんだよな。小生は吉良吉影と気が合う気がする。まあ、実物を蒐集するよりも絵や彫像の方がいいが。おまけの「smile」も、これからというところで絵が始まるのでちょっと息を引き取りそうなくらいがっかりした。演奏シーン。。アウトロの演奏シーンを擦り切れるくらい観たい。まあ観るけどな。

 そういや小生が観た時よりも心なしかもっさりしているような気がするな。髪の毛がである。あとMCも大分省いてるよな。MC。。MCを省くとは。。。もう仕方ないので自分の覚書を読み返そう。それからもう一回観返そう。

 『VOYAGER』の方は何とか一回聴いたが、DVDの方は明日になりそうだな。CDの方も本当は明日にしようと思ったのだが、我慢できなくて聴いてしまった。かとをさんの曲のあたりの流れが好きだと思ったが、よく考えてみればそこだけでなく、全体的にこのアルバムの流れが好きなのだった。意味がない。「自分勝手エモーション」はライブで初めて聴いた時のことを思い出して一番興奮した。最高だった。フジのコーラスワークが好きだ。しかし金澤先生がどんどん新たな扉を開いている気がする。金澤先生訳分かんねえな。。。もちろんいい意味である。金澤先生はどこに向かうんだろうか。。何気に個人的にはフジファブリックの中で、かとをさんよりも理解しがたいメンバーかもしれない。

 今二周目に入ったが、これからバイトなのに止められなくて困る。誰にも聴かせたくないが、誰かに自慢したい。「透明」の歌詞がいいな。「こんなときは」は更に傑作だ。すげー何か書きたくなる。仕方ない、行くか。
  1. 2013/03/06(水) 19:42:55|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4