inkblot

天使を観測した日

今日は富士見丘教会に行って来た。そう、湯川潮音嬢である。時間は1時間20分ほどだったが大変よかった。

いやあ、不思議だな。。これが小生と同じ人間なんだろうかと思うのは彼女くらいだ。色も形も大体同じなのに、構造が全く違うような気がする。不思議だ。。

しかし綺麗な声である。

彼女の声の形は面白かったから、もっとライブをやってほしいと思った。もっとあの形を観てみたい。


  1. 2013/02/26(火) 23:51:45|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

20120224


 先月はあんなことを書いたが、まだまだ冬みたいだな。あともう少しでフジファブリックは新しいアルバムを出す。楽しみだな。ライブで初めて聴いてから「自分勝手エモーション」が気になって仕方がない。確かサカナクションみたいな怪しげなコーラスワークがあったはずである。それがカッコよかった。

 この歳でも謙虚で努力を怠らない彼らが好きだ。もう彼ら自体が志村の遺した大きな形見と言っていい。到るところによすがは転がっている。それを一歩進めてしまえば、失くしたものは世界に偏在していると言える。

 内田善美は「草冠を編む半獣神」で「失ったものはいつかかえってくる」と語る。一度何かも失っても、そのうちその存在をあらゆるものの中に見出すようになる。失ったものは帰って来る、いつか。真理なんだろう。けれども自分がその中に溶けることは最後まで取っておく。

 
  1. 2013/02/25(月) 23:52:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0