inkblot

ある話


 今まで部誌と名のつく冊子はいくつも読んできました。ただたまにふと思い出してどうしても読み返したくなる話があります。


 あれは高校の文化祭でした。うちの文化祭はくそつまらないことで有名なので、友達も少ない部員は必然的に部室にたまってぐだぐだして過ごす、いや気付くと常時部員の大半がたむろしているのだが、小生とて例外ではなく暇なので展示されている部誌のバックナンバーをひたすら読むのが文化祭の過ごし方だった。そしてまさにそうしている時にそれに出会った。

 それは風変わりな古道具屋の隅でピエロの人形がひとり物語る不思議な話でした。文章はまあ年を考えれば妥当な技術力だったと思うが、漂う空気がとてもよかった。具体的にどんなストーリーかはこうしてだらだら書いたとしても良さが通じる気が全くしないので省くが、とても引き込まれるものだった。初めて読んだ年はふうんと思ってそれきりだったが、次の年ふとまた思い出して読み返し、さらにバックナンバーを漁って同作者の話を探した。筆名はくまさんという果てしなくやる気のないもので、よくあることだがやはり他の年には飽きて使わなかったらしく、見つかりませんでした。

 だが、ある年の部誌に非常によく似た文体の短編を見つけ出したのです。それは双頭の竜の話だった。どんな話か、詳しく書く気は皆無ですがこれも不思議で面白かった。

 この話には特に筆名が付されていなかったので、頼りない糸はそこで途切れてしまった。バックナンバーに振られた年度をおぼろげに思い出すに、作者は自分より下手したら一回りは上の卒業生だし、当時を知っている顧問の先生に訊くという選択肢はそもそもなかった。なぜならその頃私は職員室の戸口でテレパシーを送って先生を呼んでいたからだ。たまに通りかかった友人が見かねて呼んでくれた。そういう効率の悪い召喚法でやるのは面倒臭いにもほどがある。

 その次の年は受験だったのでそれ以来すっかり忘れていました。


 だが今になって時々思い出す。くまさんとやらはもう小説なんかさっぱり書いていないかもしれない。自分が文芸部に所属していたことすらほとんど忘れて生きているかもしれない。だがこの人の話がもし他にあるのなら、読んでみたいなあと強烈に思う時があるのです。





  1. 2011/08/28(日) 23:55:19|
  2. 短編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本を買った


 バイトの帰り、ブックオフに寄った。本好きなら新古書店は敵じゃないのかという節操はなく、暇な日なら一日3冊くらいは十分読めるので、ぶっちゃけ小生は質より量である。文庫1冊買う値段で10冊くらい買えるのでありがたい。

 近所のブックオフに岩波文庫や講談社学術文庫といったまともな本があったためしはないので、普通に娯楽小説で面白そうなのがあればいいといった感じである。2時間くらいしねこく見て回って買ったのは、


『だましだまし人生を生きよう』 池田清彦 新潮文庫
『笑う警官』 佐々木譲 ハルキ文庫
『銀の檻を溶かして』 高里椎奈 講談社文庫
『ベティ・ザ・キッド(上・下)』 秋田禎信 角川スニーカー文庫
『キッド・ピストルズの冒涜』 山口雅也 創元推理文庫
『蚊取湖殺人事件』 泡坂妻夫 光文社文庫
『ダブルアーツ(1)』 古味直志 集英社
『蟲師(3)』 漆原友紀 講談社


 以上である。なかなか気楽に読める感じじゃないか。

池田清彦はすぐキレるので面白いから大好きだ。佐々木譲はすすめられたので買ってみた。高里は先輩(オタク・女性)が生協でゴリ推ししていたのと、メフィストというのが面白そうだったので冒険してみた。でも表紙の絵がなんかキモいんだが、大丈夫だろうか。。。まあ、メフィスト受賞作だから一応ミステリなんだろう。先輩の話によるとそれ以降は全然ミステリじゃなくなるようなので、多分読まない。

秋田禎信はぶっちゃけライトノベル作家ではないというのが持論なので、ライトノベルのレーベルから出ていようと表紙が漫画みたいだろうと全然平気である。デビュー作のようなあの独特の荒涼とした世界観が楽しめそうなので期待している。泡坂妻夫は亜愛一郎が神なのは最早説明するまでもないだろうが、もう新作は出ないから少しずつ読んでいる。だがしかし、せめてあともう数冊は亜愛一郎が読みたかった!

キッド・ピストルズは、『生ける屍の死』が面白かったので読んでみたいと思っていた。米澤さんも絶賛していたが、何より殊能センセーが絶賛していたというのが興味深い。あの人は基本的に日本人作家の作品については一切コメントしないのである。似非ミステリ読みだからさっぱり分からないが、やはりすごいんだろう。しかし、特殊設定ものは燃えるな。

漫画も買ってみた。おそらく一年ぶりくらいだ。打ち切り漫画で面白そうだなあと思って気になっていたのが『ダブルアーツ』だった。作中に登場する病とそれをめぐるストーリーというのがなんか『からくりサーカス』(未読)を思い出すんだが、小生だけだろうか。設定に細かい矛盾があるので、作者はミステリでも読んで勉強するとよい。『蟲師』はつまらない訳がないので買った。何故か1巻と8巻しか持っていない。映画もアニメも見ていない。


 まだ池田清彦とダブルアーツしか読んでいないので、次は何を読もうか・・・とりあえず、『銀の檻を溶かして』だろうか。面白いといいな。。。。




  1. 2011/08/26(金) 23:30:48|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

one year and 8 months have passed.


 ここ数年、何回も何回も繰り返し同じ話ばかり書いている。まだ書き足りないのかと思うが、書き足りないのだから仕方がない。友人でも家族でもない、口もきいたことのない人間のことがなんでこんなに頭を悩ますのか分からん。笑うよな。

 下の文は単なる自己満足で、はっきり言って面白くないので読まなくていいですよ。あまりのくだらなさに腹を立てても責任は取らないんで。苦笑 原稿用紙14枚というのは短いけれども、こういうところで読むのはなかなか読みづらくて面倒なものでもありますし。


続きを読む
  1. 2011/08/24(水) 19:50:07|
  2. 短編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鼓膜的な楽しみ


 マルセル・デュシャンはかつて「絵画は網膜的な楽しみに堕した」と言ったが、デュシャンに倣えば音楽も鼓膜的な楽しみに堕したんじゃないか。

 まず、大多数がチャートで上位を占めるアイドルや何かのポップソングを盲目的に受動的に聴いている。そうではないどちらかと言えばマイナー志向、あるいは邦楽ロックが好きな人々は雑誌で推されているアーティストを聴いたりする。

 なんだか、耳で聴いて分かる音楽性だけで全てが判断されているような気がしてならない。耳で聴いて分かる音楽性で全てが止まっているような気がしてならない。

 音楽なんだから、サザンロックが好きな人間がエレクトロニカを聴かないのは駄目とかいうのは、それこそおかしいし言うつもりもないが、音楽はファッションじゃねえ。

 そうだ。言いたいことがまとまってきた。これを聴いているとカッコいい、こういう音楽を聴いているとダサいというのは少なからずあるんじゃないのか? 音楽は身にまとうものではない。そもそもファッションてリア充のためのものだと思うんだよな。だが、芸術はリア充のためのものではない。大いなる欠落を埋めるためのものなんだからな。日常生活が充実しきっている人間は中也なんか読む必要はないし、カップルでライブなんか行く必要もない訳である! カップル、マジ来んな!(私怨)

 あるいは「踊れる」音楽を聴いて、ライブへ行って頭を空にして踊って帰る。なんて鼓膜的な楽しみだろう。いやいや、音楽はスポーツではない。芸術だろ。もうちょっと頭使おうぜ。

 文芸批評は「作者」の呪縛から逃れたところで行わなければならない。ある権威としてのauthorの思惑を超えたところで「作品」ではなくテクストを扱えということが口を極めて言われるが、作り手に対する受け手は作り手の言いたいことをもう少し汲む必要があるんじゃないか。それは礼儀でもあると思う。作り手がどんな思いで創作しているのかを考えたら、その「かたち」だけで十分ですというのはあまりにも悲しいよな。

 批評なんていうのはバカの楽しみだと常々思う。究極の深読みだからな。でもそうじゃない、普通の受け手だったらちゃんと受け止めたい。そのためには読解力が必要だが、聞き流せる音楽だけ聴いてたんじゃ読解力はつかないんだろうな。という訳で音楽好きな人間は音楽だけじゃなく、本もちゃんと読め。





  1. 2011/08/23(火) 22:55:33|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ame


 今日は起きたのが昼だったので特に文は書きません。最近まったく本を読んでいないので駄目人間に磨きがかかっている。。。。誰か面白い小説を教えてください。しかし昼間に起きるのと空が暗いのはテンションが下がるなあ。。。。




ame821.jpg






  1. 2011/08/21(日) 18:28:55|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:1
次のページ