inkblot

絵の具を買いました



friends


 レポート終わったら色々やりたいと思う。やれるかね。。。

「志村日記」も買った。





  1. 2011/01/30(日) 15:48:23|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

OPY 後書

(後書を丸々転載)


 いや、今回は中学生の時に書いていた話を完成させてみました。なんか……自分の話なのに若さを感じましたね。ちょっとおかしいところが多々あってそれを直そうとしたのですが、今回は時間切れです。南無。

 それはそうと、最近つばきというバンドのインディーズ時代のシングルを意図せず買いました。え、椿屋? それは違いますね。カルテットじゃなくて3ピースです。……何故か久しぶりに上手い歌を聴いた気がする。と思った自分が怖ろしいです。しかし、どちらかというと昔からつばきにはあまりいい感情を持っていませんでした。それには深い訳があるのです……

 中高時代、所属していた部活で長くお世話になった部長は勤勉実直、早寝早起き、一本筋の通った真面目で尊敬に値する人物だったのですが、その部長殿が何故か激しくつばきを毛嫌いしていたのです。つばきのヴォーカル・一色と同じ肺気胸に罹った時なんかは、「我が一生の不覚……!」と大変悔しがっていたのを今でも覚えています。部長のような人が理由もなくバンドを毛嫌いするはずがないので、とりあえず小生も雑誌でつばきを見かけるたびに「この野郎……!」と怒りに打ち震えるっことにしていました。

 部長の思いが天に通じたのか、その後つばきは順調にメジャー落ちし、めでたく活動十周年を迎えた昨年の暮れにはヴォーカル・一色に脳の異常が見つかり即入院・手術のためしばらく活動休止と相成っておる次第。ここまで来るとなかなか素晴らしいですね。

 しかし、今になって聴いてみると名前の割にそんなにポップではなくて意外とロックでした。歌も上手い。某志村や某キノ下とは比べ物にならないほど歌も上手いし。…・・・やっぱり志村に関しては前言撤回。そして後ろ向き具合も程よい。フジファブリックは怨念が籠り過ぎてますし、シロップ16グラムだといつ自殺するか分からない。アート・スクールはただのかまってちゃんです。あれはにせもの。友達多いくせに根暗の振りすんな! バーガー・ナッズも同様。

 まあしかし、ちょっとブログを見たら一色の記事は食べ物の写真ばっかりでしたが。女の子かよ! まあバンド名をつばきにしちゃうくらいだからな。……メレンゲに関してはノー・コメントで。そういえばメレンゲ・クボに「誕生日おめでとうございます! 今度プレゼント持っていきますね!」とか話しかけていたな。・・・女子かよ!

 それにしても、肺気胸、メジャー落ち、脳腫瘍と来ると絶対に何かついてますね。何か志村(ストーカー)より怖いものに背後を取られているんだと思います。退院できたら、すぐさまお祓いに行くことを強く勧めたい。

 もうあれから五、六年経っている訳ですが、今なお部長がつばきを嫌いだった理由は分からないまま……むしろ謎はさらに深まった。なので、ちょっと一筆したためてみることにします。先輩の返事は一体……小生の今後の報告を震えて待て!






  1. 2011/01/27(木) 10:06:30|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

OPY 6

続きを読む
  1. 2011/01/26(水) 10:02:48|
  2. 短編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

OPY 5

続きを読む
  1. 2011/01/25(火) 10:00:38|
  2. 短編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

The Grassy Grave


 界には光があふれていました。空は途方もなく遠く蒼く広がっていて、手を伸ばしても到底届くとは思えません。あたり一面はもうすっかり緑です。そうして心地のよい風がどこまでも柔らかな草々を軽やかな音を立てながらなでていくのです。

 美しい光景でした。気が抜けてしまうくらい美しい景色でした。

 僕は原っぱに投げ出していた体を起こしました。春は別れの季節だって言うけど、なんだか今日はほんとうにそんなさびしい抜けがらみたいな感じがします。今までずっと眺めていた空には、結局ひとつも雲を見つけられませんでした。

 腫れぼったい目をこすりながら僕は穴のあいた心で丘を登っていきます。暖かな陽気に頭は少しぼんやりしているみたいだ……

 丘の上には十字架がひとつだけあります。それは僕の友達の……僕は後ろを振り返りました。たくさんの人が泣きながら花束を片手に草原を歩いてくるのが見えます。僕は十字架の根元に持ってきた白い花をそっと置きました。真っ白な十字架はいつまで経ってもなんだか幻みたいだ……穴のあいた心をさわるとまだ痛かった。

「どうせ気休めにすぎないってことはわかってるんだ……でもね、こんな目じるしの日にはいつもより君に近づけるんじゃないかって思うんだよ……手を伸ばしたいんだよ……」

 厳しい冬を抜けて、十字架の丘はすっかり草に覆われています。空に目をやると、一羽の蒼い鳥が羽ばたいているのがにじんで見えました。







  1. 2011/01/24(月) 11:54:01|
  2. Java
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ