inkblot

言い訳

 そらく今日は学祭最終日である。楽しめているかな。たぶん、私のことだから隅っこでいじけていることであろう。目に浮かぶ!

 もちろん、それなりに忙しいのでこれは前もって書いているものですが。

 とりあえず、暇を見つけてフジQの覚え書きを書き進めたいところです。でもあまりに人数が少なすぎて空き時間がないんだよなあ。。。部屋暗いしな。いや、何とかする。

 なんだか期待されておいて、これほど完結していないと申し訳なくてずっと頭をチラつくのである。もう期待なんてされていないだろうが。

 今はくるりを鋭意執筆中である。しかしこうやって書いていると、まだまだ自分の中で整理がついていないものだからなんだか混乱する。

 うむ。。。

 今後の更新は未定です。。。


 しかしうちの大学は銀杏臭い。。。








  1. 2010/10/31(日) 21:03:38|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ユニコーン


 近、ユニコーンと民生ちゃんのCDをたくさんもらった。ユニコーン、良い。今のところ、「ヒゲとボイン」と「SPRINGMAN」が好きなアルバムである。

 民生ちゃんのユニコーン時代の曲というのは、あんまり明るくないよな。。。苦笑 というか、民生ちゃんの曲は大体そんなに明るくない。「674」はしみる名曲である。「29」はあっさりと名盤。

 民生ちゃんはとにかくなんでもかんでも韜晦しようとする。「チラ見せの美学」なんて言ったら、張り倒してやる。

 色んなことを思っているはずなのに、どうしてああなんだろう。分からん。本でも読んでみるか。。。苦笑

 今興味のあるミュージシャンは民生ちゃんとクボンゲである。







  1. 2010/10/30(土) 19:07:58|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初恋サンセット

、そこそこ良いスピーカーのある親父の部屋で「初恋サンセットを聴いているのだが、とても良い。

 今は夜である。部屋は明るい。スピーカーからは虫の声と水の音。これはわざわざどこかの湖に録りに行ったモノホンの音である。

 時折少し高い位置にある小窓から、澄んだ夜風が吹き込んでくる。これが夜の湖の冷気みたいで良い。

 しかし、アウトロのピアノの音がいい。クボは古くさくて上品なピアノを弾くな。いいピアノだ。

 秋だ。





  1. 2010/10/29(金) 19:01:30|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴッチがやたらと文章を書きたがる件について、少し


 と思ったのだが、ゴッチは「ゴッチ語録」なんて本を出してみたり一時期日記のタイトルでしりとりをしてみたりだとか、「文章を書くのが好き」と言っていたがぶっちゃけそんなに面白くないよな。。。日記もそれほどウィットに富んでるとか思わんし、ツイッターでの切り返しもそれほどではない。と思う。いや、アジカンは好きなんだけども。

 読んでいて、「おっ!」と思うような言い回しやエピソードがあんまりないのである。中学生か高校生くらいのころは更新をいちいちチェックしていた(BOC関連の話題があるかもしれないので)が、ぱったりとやめてしまった。最近は、金澤先生のご尊顔を拝しに行くくらいである。

 本人は書くのが好きでも、たとえばゴッチの書いた小説とかって想像できないのである。他のミュージシャンの文章を読んでいると、割と「こいつの小説を読んでみたい」と思ったりするのであるが。藤原しかり、志村しかり。文章が上手いというわけではないのに、もっと読みたくなるようななんだか不思議な魅力のある文を書くやつも多い。エルレ細美しかり、クボンゲしかり。ちなみに、バンプ升はむちゃくちゃ面白い文章を書く。思わず嫉妬してしまうくらいである。現在Quipで連載中である。彼はエッセイでも書けばいいと思う。本が出たら絶対買う。

 なんだかやたら社会派っぽい発言をしてみたりするゴッチを見ていてすごく思うのだが、彼は音楽だけやっていればいいと思う。彼はたぶん頭がよくない。だから余計なことを欲張ってもあんまり上手くいかない。でも彼の音楽のセンスは本当にいい。自分に与えられた素晴らしい才能にだけ精を出せばいいのにな。私は彼の作る音楽が結構好きだが、それ以外のことであんまり好きでなくなってしまいそうだ。それは正直微妙なのである。好きなことは極々個人的な趣味の範囲にとどめて楽しむので十分ではないか。

 ゴッチはちょっと最近変だ。背伸びなんか、誰も望んじゃいないぜ。。。






  1. 2010/10/28(木) 18:35:20|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初恋サンセット(アルバム)

初恋サンセット初恋サンセット
(2004/10/20)
メレンゲ

商品詳細を見る



 「星下り20110430」at 渋公、チケット確保した。クボンゲはきっとやってくれる。たのしみである。興奮して最近はメレンゲがパワープレイ中なので、メレンゲのことでも書こう。

 これは、メジャー2作目である。クボ氏がツイッターの壁紙にしているあれである。彼が背景をこれに変えた瞬間、一気にフォロワーが減ったのは秘密である。

 とにかく、間違いなく名盤である。クボンゲも日本人らしい細やかな情緒の持ち主なんだなあとしみじみ思う。そうでなかったら、「赤黄色の金木犀」なんて歌えないだろう。。。

 前作の「サーチライト」は亀田誠治(東京事変)のプロデュースでアレンジがすごく好みだったんだけれども、こちらの方がメロの良い曲が多い。「Sugar!!」なんかと聴き比べて思ったが、亀田師匠のキラキラサウンドはメレンゲにはよく合っている。

 曲によって、スーパーカーのプロデュースで有名な益子樹や、前作から引き続き亀田師匠なんかを呼んでいるのだが、メレンゲはメロディにすごく温度感があるのであんまり打ち込みが似合わないような気がする。「underworld」みたいな打ち込みはいいんだが。「二つの雨」・「星の屑」もセルフプロデュースでよかったんじゃないか。これはこれで好きだが。他のセルフプロデュースがよかったので、この時点でも問題なかったと思う。打ち込みっていうと、無機質で静謐な、閉塞した世界観っていうイメージがあるからかもしれんが。クボンゲのボーカルは感情のうねりがすごいからな。。。

 「二つの雨」はイントロのリフが強すぎるなあと。この曲と「水槽」はテナーの4枚目、「LINEAR」に入っていそうだ。でもあのアルバムは割と好きだ。テナーはもっと「CLARITY」みたいな曲がいっぱい入ってるアルバムを作ってほしい。

 「願い事」は個人的にドストライクなんだが、アレンジがいい。基本的にギターの音が好きなので、もっとガシガシやってくれと思うが、メレンゲはそういうバンドではない。しかし、亀田師匠グッジョブ。youtubeには今、CDJ 06/07のとてもいいこの曲のライブ映像が上がっている。おすすめである。

 それにしてもこのアルバム、ほんとにどの曲もメロディがいい。あと歌詞。一見、すごくかわいらしく見える世界観だが、これは男子こそぐっと来るもんだと思う。

 「初恋サンセット」なんてヤバい。何かを思い出しかけるような優しいメロ。そしてそれを見守るように虫の声や水の音が聴こえる。途切れるような蝉の声の後のピアノは「知らん間にクボ君が弾いてた」らしいが、あれは隠しトラックではなくてたぶん、アウトロの一種だよな。。。クボンゲは「弾けてないだけ」と苦笑するが、メレンゲのピアノのフレーズってさり気なくいちいちどこかファンタジックでいい。ちなみに、クボンゲは一時期ピアノを習っていたそうだが、キン肉マンと時間がかぶるので辞めたそうである。

 クボケンジは、たぶん歌はそれほど上手くない。でもあの声は他にない。声質が、というのは少し違う。クボの歌い方というのは、普段何も言えないようなやつが言いたいことを感情を、方法も分からないままぶちまけるような印象である。どうしたらいいか分からないから、全部ぶつけてしまうのだ。だからものすごいエモーショナルで、ものすごいうねりが生まれる。「タイムマシーンについて」の最後のサビや、「忘れ物」なんて激しい。感情が高ぶるとすぐに音を外すのだが、それも含めて素晴らしい。

 しかし、最近歌い方が少し変わった。大して変わっていないのだが、声を張らなくなったのである。個人的にはあの声の張り方が好きなので、もっと思い切り歌ってほしい。思うにたぶん某ボイストレーナー女史の指導じゃないか。志村もそうだと思うんだが。その件に関してはまた別の機会にでも。

 「夕凪」、「きらめく世界」、「初恋サンセット」。。。メレンゲを象徴する世界は夕焼けである。盟友・フジファブリックの世界に強く焼きついた色も「茜色の夕日」、夕焼けである。このふたり、どこまで仲がいいんだ。。苦笑

 クボはとてもシャイだが、他人とは違う景色を見ているんだろうな。まあ、天然なんだが。ちなみに彼のご尊父は東大工学部卒で、自宅にピラミッドを作って幸せを呼び集めようとしたり、UFO関連の膨大な蔵書をもっていたりとお茶目な人である。ちなみにクボ兄氏は神戸大卒で弁護士、弟とカラオケに行ってずっとマイク握りっぱなしだったりさり気なくメレンゲ大好きだったりと、こちらもとてもお茶目な人である。クボ家は大体天然。

 最後に今日ぐっと来たクボさんの名言を。

「それと昨日フジの志村君が家に遊びに来ました。新曲作りちょっと手伝いました。これまたすごく良いんですよ!泣ける曲です。まだ歌詞できてなくて韓国語みたいな鼻歌で得した気分です。」

 間違えた。本当はこちら。



「自分の手から離れる瞬間全てのモノは一瞬全力で輝くのです。」










  1. 2010/10/27(水) 14:18:24|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ