inkblot

フジファブリック presents フジフジ富士Q 14

 井和哉が現れる頃には、空は暮れかかっていた。不意に鳴り響いたアグレッシヴなイントロのギターの音に、私は殴られたような衝撃を覚えた。

 「マリアとアマゾネス」だった。志村が歌うとただのド変態なのに、吉井が歌うとものすごい色気が。アガる。




 志村と吉井は一見どこも接点がないようで、実はとても似通った部分があると思っているのだが、そのせいか吉井が歌ってもすんなりと受け入れられた。

 ぶっちゃけイエモンは聴き込んだことがないので、吉井に関する知識もたかが知れている。だが、彼のことは子どものように幼くて無邪気なところがありつつも、それでいて大人なのだと思っている。

 彼は多くの痛みを味わってきていて、でもどこか心の芯のようなところが白く汚れないまま残っている。彼は優しい。彼はフジファブリックを、志村を、本当に純粋に愛している。ぱっと見、フジファブリックの面々と比べてもかなり精神年齢が若く(お世辞)見えるが、その実彼らを見守る眼差しは保護者のようだ。

 志村の死は、彼に神を呪わせた。彼は誰よりも傷つきやすく、少しも堕ちることがないのに、どこまでも堕ちてしまう。その活字の慟哭は、我々の心を締め付けた。その愛ゆえに、私はむしろ吉井の歌をもっと聴きたいと思った。




 いつの間にか、空は夕焼けを通り過ぎようとしていた。夕焼けが終わってしまうことに、私はなぜか焦りを感じていた。その理由は今でも分からない。訳の分からない焦燥を感じながら、2曲目の「Anthem」に入る頃には、欠けた月が針葉樹林(コニファー)の縁に浮かんでいた。

 圧巻だった。

 空のはしにちぎって残されたような淡い夕焼けと、藍がかった空に浮かんだ三日月。日が沈んで、急に冷えて澄んだ空気にのって、『Anthem』は富士吉田の街に鳴り響いて、しかしこれは世界中にだって響き渡る歌だと思った。君の街までだって、私の街までだって鳴り響いている! 志村のいるところだけじゃなかったぜ。。。







SET LIST

吉井和哉    「マリアとアマゾネス」
        「Anthem」





  1. 2010/09/26(日) 15:48:25|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9 months has gone.


2限の英語を終えて、空の機嫌を伺いながら

昨日はそそくさと帰った。

それからずっと詩を書いていた。

それは9回目の24日についてではなく、

12回目の24日についてだったんだけども。

節目節目には不思議と、

こうやってポロポロと出てくる。

ううむ。。。

私は今でもこうやって、模索している。

ただひとつの道へ至る方法を。

それは必ず見出さなければならない。




  1. 2010/09/25(土) 13:00:37|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フジファブリック peresents フジフジ富士Q 13

 PUFFYの後に現れたのは片寄明人。演奏した曲は彼がプロデュースを手がけた1stのものだ。1曲目は「花」では、実際にレコーディングで使用したハープとアコースティック・ギターを持参。ちなみに、レコーディングでハープを吹いたの片寄氏だという。

 浅学にして、Great3やロッテンハッツ(からGreat3と分かれたヒックスヴィルのほうは小沢健二のコーラスなどでお馴染みである)は知らないので、片寄氏に対する関心は主にフジファブリックのプロデューサーとして、そして志村の良き先達としてということになる訳で、そういうこともあって片寄氏の演奏については詳しくは述べない。

 けれども、2曲目の「サボテンレコード」であったか、片寄氏のシャウト含め、彼がステージに立っていた時間は、多少なりとも感情の読み取りづらい(ように見える)彼の志村への思いの発露であり、それが感じられた一時だった。

 知っている人も多いと思うが、彼は自身のブログでフジファブリックに、志村にまつわる長い手記を連載している最中だった。

 もともと持っている文才というものも大いにあるが、そこには彼の志村という才能がありながらもどこか放っておけないような危うさを持った、自分より一回りも年若い不思議な魅力を持った青年に対する、暖かい眼差しと親愛の情にあふれていると思う。

 いくら片寄氏といえども、今の音楽業界で安定して仕事を取ってくるというのは難しいようだから、フジQとそれにあわせた手記の公開というのは、知名度アップや人脈作り(彼は今ツイッターで特にそういったことに熱心になっているように見える)の手段にもなり得たかもしれない。

 この穿ったいやらしい妄想がもし仮に真実(の一片)であったとしても、私は特に何の感慨も見解も持ちたくないが、しかしそれであっても片寄明人がフジファブリックに、志村正彦に魅かれたことは事実であると確信している。

 彼が手記を綴り始めた動機(MCでも語っていたが)というのもまた、ひねくれ者には少々胡散臭く感じられるのだが、それでも彼が垣間見せてくれた思いを、評価したい。



 まあ、志村に喧嘩吹っかける気もしませんしね。。。








SET LIST

片寄明人   「花」
       「サボテンレコード」





  1. 2010/09/23(木) 18:26:20|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フジファブリック presents フジフジ富士Q 12

 の後のPUFFYはB.O.I.P Tシャツと蝶ネクタイを身につけて登場。1曲目は「DOKI DOKI」。おもちゃみたいな青いマイクを持ってユニゾンするパフィーはなんだか作り物みたいだった。

 曲間のMCでは、物販について先生が「おっ」と反応すると

「物販で買いました!」という白々しいアピールをし、

「これ(金澤ネクタイ)おそろいがたくさんいますねえ。買った人は財布の中身がパンパンだったんでしょうねえ(訳:無駄に高けえんじゃボケ)」とかわいい後輩のために宣伝。


 そして、提供曲についてもポロポロと。

「『Bye Bye』って今度のアルバムに入るんですよね?」

「はい、そうですね」と先生が答える。


「こまんのよねえ」


 パフィー姐さんの貫禄ある一言にコニファー16000人が凍りつく。

「ウチらちょくちょくそういうことされんのよ。こまんだよねえ。そんなの、オリジナルの方が全然良いに決まってるじゃん! ねー」
「だよねー!」

 うなずきあうパフィー姐さんがコニファーに再び戦慄を走らせた。

「あと『Bye Bye』は実話かって問い詰めたら、「どうですかねー?」ってごまかしやがったので、あれは実話です!」
と姐さんはのたまったが、小生はこの説を断固支持する……!


「DOKI DOKI」も「Bye Bye」もだが、無意識に今までたくさんの経験を積み重ねてきた大人の女性の色気が出まくっていたので、やはり志村はステージ(先生サイド)の隅からじっ…と無言のダメ出しをしているのではないかと激しく妄想した。





SET LIST

PUFFY  「DOKI DOKI」
     「Bye Bye」




  1. 2010/09/23(木) 00:21:37|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

summer's end

今日で夏休みも終わりである。

フジQについての雑文はまだ終わっていない。

駆け込みで敢行した小旅行の最中にいくらか書いたが。

只今、吉井和哉があと少しで終わるところである。

ぶっちゃけ文章はくどいし、他人が読んで面白いものではないよな。。。


しかし、夏休みがこんなに忙しいとは思わなかった。

部屋の片付けはとうとう終わらなかった。

もう少し涼しくなったらやることにしよう。

去年はひまだったんだがなあ。。。




  1. 2010/09/21(火) 18:18:20|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ