inkblot

Peace!


 土煙が上がる。銃声が絶え間なく響き渡る。爆発で兵士が空に跳ね飛ばされる。ここは戦場だった。荒れ地にふたつの軍隊がひしめいて、殺しあっているのだった。
血が飛ぶ。弾が飛ぶ。爆弾が飛ぶ。こんなふうにして、かんたんに地獄はつくりだされる。勝ち負けなんてないのとおなじだった。終わりがないかのような戦いをつづけるなか、ふと、おぞましい音のあいだをぬうようにして、あまりにも場ちがいな音が風にのって聴こえてきた。兵士たちはけげんな顔をして、銃をおろして空を見上げた。

 西のほうから、巨大な気球がこちらに向かっている。へんな音はそこから聴こえていた。
いや、それは決してへんな音ではなかった。ヴァイオリンやフルート、チェロやクラリネットが合奏している音――オーケストラ管弦楽だった。球体から奏でられる音楽があまりに優雅でのんきで楽しそうだったので、兵士たちは自分が夢でもみているか、あるいはもうすでに鉄砲にあたまを撃ち抜かれるか、大砲にふきとばされるかして死んでいるんじゃないかと思った。

 気球は荒れ地の上にゆっくりとやってくると、いきなり何か粉のようなものをばらまき始めた。何かあたらしい兵器にちがいないと思い、兵士たちはおどろいて武器を放り出して手であたまをかばったが、よく見ればそれはなにかの植物の種だった。
たねの雨がやんだ後は、今度はほんとうの雨がふった。気球のカゴからみるみる雲が立ちのぼって、荒れ地と兵士たちの上にふりそそいだ。そのせいで、爆弾はすっかりしけってしまった。

 雨がやんで、最後にふってきたのはもっとずっと大きなものだった。兵士たちはとっさに拾いあげた銃をかまえたが、それが赤いろとひまわり色の大きな傘をさした二人の子どもだと分かると、どうしてもひきがねはひけなかった。

 赤いろの傘がはじめにふわりと着地する。チョコレート色の髪に、くすんだ黄緑いろの瞳をした十歳くらいの少年だ。白いシャツにこげ茶いろのベストとズボンに飴いろの革靴をはいている。少年は傘をバチンととじると、あきれたように首をふった。

「インディード(いやはや)! ほんとに無意味だなあ! 僕に言わせりゃ、大人になるってのはかしこくなるとかつよくなるとかそういうことじゃなくて、単にかんたんなことをむずかしく考えるようになるってだけだよ!」

 すぐにおりてきた、とび色の髪と瞳をした少年も傘をとじながら口を開いた。

「アートはほんとに気取り屋さんだな。まあでもオレも同感だよ。マジあほらし」

 少年はつまらなそうな顔で短パンから出たスニーカーをはいた足で土くれをけっとばしながら、Tシャツに書きなぐられた〝LOVE & PEACE〟という文字を軽くつまんでみせた。

「ニコはうるさいなあ!」

 アートはニコデモのことばにちょっとむっとしていたが、こほんと咳ばらいをして気を取りなおした。

「ええと、みなさん!」

 アートはちょっと声を大きくしていった。

「僕らが何をしに来たかは言うまでもないことです。ただ僕らがこれからやることを見ててくれればいいんだけど、その前にちょっと話すよ。

 僕らは勉強やそのほかのいろんなことをある人にならってるんだ。その先生っていうのがすごい人で、僕らにひととおりの勉強だけじゃなくて、魔法を教えてくれたことがあるんだ。ひとりにひとつ。たったひとつだけ。

 どんな魔法かっていうと、まあ役に立つものじゃないよ。お皿を洗ったり、おもい荷物をはこんだりなんてのは低俗だからね。僕らがならったのは、訳になんか立たない、美しい魔法なんだ。

 人はパンがたくさんあっても花がなかったら生きていけないけど、花があればパンがなくてもなんとかなったりする。ふしぎだよ! きっと、実際にひつようなのはパンはひときれ程度で、あとはめいっぱいの花々なんじゃないかなあ!」

 ニコデモはこうふんしているアートをこづいた。

「もうやっていいか?」

 アートは我に返るとひとつうなづいた。

「ああ、いいよ」

 ニコデモは肩をすくめて説明をはじめる。

「あのさ、大したことじゃないんだよ。でもとりあえず、やってみっからちゃんとみててくれよ」

 ニコデモは真剣な面持ちになると、てのひらをあわせてゆっくりひらいた。そこに光の玉ができる。手がひらくにつれて、そのあいだの光の玉はゆっくりと大きくなる。だいたいオレンジくらいの大きさになったころ、ニコデモはそれをゆびで空に向かってはじいた。光の玉は途中ではじけて、空に色鮮やかな橋をかけた。虹だった。とても綺麗だった。

「オレが教えてもらったのは、こんなのだよ」

 ニコデモはシカツメ顔でいった。たぶん、照れていたのだろう。

「アート、お前もはやくやれよ」

 ニコデモがつつくので、アートは慌てていつの間にか地面すれすれまでおりていた気球からヴァイオリンを受け取った。気球には二人と同じくらいの年の子どもたちと、かなり年上の、アートによく似た、寄宿学校の制服を着た背の高い少年が乗っていた。

「戦争なんて誰もやりたいわけじゃない。でも終わらせるのはすごくむずかしくてできないことだと思ってるでしょ? だけど、ほんとはすごくかんたんなんだよ」

 アートは得意げなかおをして、ヴァイオリンの弦をポンとゆびではじいた。どうじに、さっきまかれた種がいっせいにポンと芽吹いた。

 肩の上のヴァイオリンにあごをのせると、アートはいきおいよく弓をすべらせた。優雅で陽気で無邪気な曲をひびかせながら、さっきよりももっととくいげなかおで荒れ地を歩きまわりはじめた。

 アートの歩く先で、芽はすくすくと茎をのばし、色とりどりの花を咲かせる。放り出された武器には草が絡み、根が張って使いものにならなくなった。

「どうやら僕もずいぶん大人の考え方に慣れてたみたいだな」

 アートの兄は気球のカゴにもたれかかりながら微笑んでそうこぼした。しかし、すぐに他の子どもたちの声で現実に引き戻される。

「アレン、早く怪我人の手当てに行こう」

 顔いろのわるい少年が声をかけたのだ。きづけば、気球で待機していた子どもたちが全員、やる気に満ちたかおでこちらを見ている。

「ああ、ごめん。ちょっと考え事をしていた。それじゃあいくよ。まず、タオとアイダは分担して包帯の山を、それからエニーは添え木を、ケイは――」

 アレンはじぶんも赤い十字のマークのついた大きな箱を持ち上げながら、てきぱきと指示をだして、包帯を腕いっぱいにかかえた顔色のわるいタオをはじめに子どもたちを引き連れて荒れ地に繰り出した。



 いつの間にか、荒れ地は一面の花畑になっていた。もと荒れ地の中央にもどってきた気球の子どもたちはひとしごと終えたようなかおをして、気球に乗り込みはじめている。

「さあ、みなさん!」

 さいごのアートが気球に乗り込みながらいった。

「家族が、恋人が、友人が待つ故郷へ帰りましょう! 悪い夢はおわったのです、インディード(ほんどうに)!」

 子どもたちがのった気球はどんどん上昇していく。手をふりながら子どもたちが去っていったあとに残ったのは、疲れ果ててはいるけれど、やっと生き返ったような心持ちになりはじめている、誰かのお父さんやお兄さんや子どもたちだった。


end
  1. 2010/01/17(日) 06:07:49|
  2. etude
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GORY EDWARD

ギャシュリークラムのちびっ子たち―または遠出のあとでギャシュリークラムのちびっ子たち―または遠出のあとで
(2000/10)
エドワード ゴーリー

商品詳細を見る



 エドワード・ゴーリーは嫌いじゃない。絵本だが、子どもには絶対に読ませられない。翳りのある、薄気味悪く細かいペン画で、血みどろナンセンスなのが特徴である。

 「ギャシュリークラムのちびっ子たち」は、アルファベット順に子どもたちが次々と無残な死を遂げていく。Aはエイミー、Zはザクシーズだ。

 不謹慎な死ばっかり描いてるくせに猫は一回斧で首をたたっ切られただけらしい。いやあ、正直ネコ派の神経は理解できないね!

 文は韻を踏んでいたりして、リズムが良くて面白いし、雰囲気やいかにもな名前でつい、大昔のイギリス人だと思い込みがちだが、実際はついこの間死んだ、変わり者のアメリカ人だったりする。オックスブリッジとかじゃなくて、ハーヴァード卒。腑に落ちねえ。


 でもアメリカに行く機会があったら、絶対にゴサム・ブックマートには行ってみたい。

  1. 2010/01/10(日) 00:22:45|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ALIBA QUMUI




「Prelude」


 そこは小ぢんまりとしてごちゃごちゃした喫茶店のようだった。色んな見たことも無いような茶葉が棚にぎっしりと乱雑に詰まっているかと思えば、その隣には実在するのか定かでないような奇怪な言語で書かれた本が所狭しと並んでいる。店の隅は茶葉の色に染まっていた。だが、店内は不思議と明るい。いや、男の居る空間だけが白い光に包まれているように見えるのだった。

 男は一人用の小さな白いプラスティックのテーブルについて注文したものが来るのを待っていた。年の頃は子どもじみて見えるが27,8,あるいはそれより若いか、年上か。 白いTシャツの上に黒いカッターシャツを着てジーンズを履いている。ありふれた格好だが、育ちが良いのか身だしなみがよく、どことなく立ち振る舞いに品がある。顔立ちは年相応といえる静かな疲労の中に、まだ幼さが口もとや頬、目もとによく残っていた。

 しばらくすると、還暦を過ぎたぐらいの、眼鏡で痩せぎすの男が、どこか取り憑かれたような目をして紅茶のようなものを運んできた。テーブルに置かれたそれに、くすんだ銀の壺に入っている砂糖を多めに入れると、男はやはり疲れの滲んだ無表情な顔でそれに口をつける。それを見て、カウンターの暗がりの中、先程の老人が口の端を歪めて笑ったように見えた。

 男の手元に伝票が置かれている。其処には紅茶の名が、アルファベットで記されていた。

其れは『ALIBA QUMUI』と罫線を無視して書かれていた。





「Blanc, Noir, et Rouge」



 白いリノリウムの床の上に倒れた男の黒髪と赤い血。
鮮烈な印象を網膜に焼き写すように、男は戸口に立ってモノクロの無表情のまま、それを凝視していた。薄汚いセピアの部屋の中、白いリノリウムの床の上に斃れた男の黒い長髪、古いインド印度の意匠のナイフと赤い血。赤。育ち過ぎた少年のような男は淡い隈のある目でただ友であったそれを見つめる。セピアの中、白の上に黒と鋼とそして赤。鮮烈な赤。不透明な赤。





「Spilt Tea」



 喫茶店の隔絶された白い空間で、『ALIBA QUMUI』がホクロ黒子のある上くちびるまで運ばれていく。刹那、男は何か呟こうとした。だが、それは途切れ途切れに掠れて言葉にならなかった。

 男の手からティーカップが離れていく。白い陶器は硬度を失ったようにしなやかに割れて、濃い琥珀色の液体があふれた。赤みがかった液体は床の木目を濡らしていく。広がっていく紅茶。赤。広がっていく赤い血。

 白。白い手と印度のナイフ。鈍色。過去の記憶は唐突にフラッシュバックする。床にあふれる血で汚れる白い手。激しい頭痛の中、男は壊れさせまいとするように両手で頭を抱えた。

 床を染める紅茶に映る悪魔が笑っている。あふれた紅茶と赤い血。零れたミルクに泣くことは許されない。





「The Last Scene」



 彼は薄暗い車の後部座席に身を委ねて、溶けるように流れていく景色をただ眺めていた。薄暗い箱に身を委ねて。その横顔を心なしか色素の薄く見える黒髪が半ば隠している。

 瞬間、薄暗がりの中で白く煌く鉄。男は自分の腕を捕らえた白く冷たい輪を見て、刹那夢から醒めたような表情を浮かべた。しかし、次の瞬間にはそれは諦観の滲んだ微笑に取って代わっていた。視線は再度窓の外に向けられる。そして何かを独り呟く。声は無音にかき消された。


 何一つ、アリバイは無い。




















                                         The curtain fell on the last scene.

  1. 2010/01/01(金) 02:12:52|
  2. Strange Javas
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0