inkblot

『おちくぼ姫』

おちくぼ姫 (角川文庫)おちくぼ姫 (角川文庫)
(1990/05)
田辺 聖子

商品詳細を見る


 前に読んでもいないのに勝手に想像で書いたけれど、ちゃんと田辺聖子のやつを読んでみることにしました。

 小生は図書館で借りたので、30年前に平凡社から出た単行本(廃刊)で読んだのだが、表紙のおちくぼ姫が上の角川の表紙よりも綺麗なのに、目だけ狐狸妖怪の如き糸目だったのでちょっと怖かった。

 話型はシンデレラタイプで、継母にいじめられて落ち窪んだ部屋に住まわせられていた美しい姫君が、カッコいい左近の少将と結婚する話である。洋物のシンデレラはそこでめでたしとなるが、日本の住吉系だと、そのあとに貴公子が自分のかわいいお姫様をいじめた継母に復讐を開始する。それで最後は和解してハッピーエンド。

 まだ最初の方しか読んでないが、小生は大いに楽しんでいる。おちくぼ姫が健気だ。勝手におっちょこちょいだとか、天然だとか、ネーミング・センスがないだとか妄想して申し訳なかった。

続きを読む
  1. 2009/07/24(金) 23:56:27|
  2. 古典漢籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おちくぼの姫君


 今夜は月のたいそう綺麗な夜です。
それだけに、冷え込みも一段と厳しいのですが、わたくしの口からこぼれる息までも、綿のようにふわふわと浮かんでは消えていくのが美しくて、つい見とれてしまいます。

 でもいけません。母上がお言いつけになられた縫い物のおしごとがまだ終わっていないのです。
母上は明日までとおっしゃっていたので、ここはひとふんばりです。
指先もかじかんで、なんだかうまく動かないのですが、ちょっとでもしくじったら大変なことです。
ここは他より一段ひくくおちくぼんでいるから、余計さむいのかしら? 
そう思いながら、わたくしは針をちょっと置いて、指先をこすりました。

 母上はたぶん、わたくしのことを何か誤解してらっしゃるのだと思います。
わたくしはどうしたら母上に気に入っていただけるのでしょう? 
お裁縫はなんとかできるけれど、ぼうっとしたところがいけないのかしら? 
どうか、そのうち母上に気に入っていただけますように。なむなむ。わたくしはお月様にむかって手をあわせました。

 見上げた月がやっぱりとても綺麗だったのでふと楽を奏でたくなって、わたくしはおろろまろを手元に引き寄せました。
おろろまろというのは琴のなまえです。わたくしがつけました。
わたしくはちいさいころ、『お琴』がうまく言えず、『おろろ』と言っていたのです。
阿漕はいつも、『お姫様はかわいらしくて、優しくて、おっとりとお上品で、何でもお出来になるほんとうに素敵な方ですけれど、名づけだけはいけません。あと、ちょっと鈍感なのも』といいます。
阿漕というのはわたくしの乳母子です。ちゃきちゃきしているけれど、わたくしのことをいつも心配してくれている、とてもやさしい子です。
あの子のいうことはいつももっともだと思うけれど、ものになまえをつけるのだけはやめられません。
わたくしの数少ない趣味のひとつなのです。

 見た目こそこんな有り様ですが、こえでもわたくしは結構たのしくすごしています。
縫い物はもともと好きでしたし、おろろまろも弾けますし、いろんなことを考える時間もたくさんあります。
阿漕はみながわたくしのことを『おちくぼの姫君』と呼ぶのを聞くといつもぷんぷんしますが、わたくしはあんまり気になりません。『おちくぼ』という語感が嫌いではないからです。

 あとすこし弾いたら、がんばって縫い物をしあげることにいたしましょう。
わたくしはおろろまろをつま弾きながら、ふんっと気をひきしめました。

  1. 2009/07/18(土) 21:48:12|
  2. 古典漢籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Drops



 ニコデモにあげた分で、缶の中の飴玉はあとひとつになってしまった。
缶を大事にポケットにしまいこむ。

「何? お前、あめ食べないの?」

 ニコデモは透明なセロファンの包み紙を解く手を止めて、首をかしげた。

「うん。最後の1コだからね」

「最後の1コだとなんかなのか?」

 ニコはセロファンをむいて飴玉を口に放り込みながら訊いた。

「最後の1コはカプットが取りに来るから残しておくんだ」

「かぷっと?」

「そう。カプット・ベアヒェン。飴玉の最後の1コを残しておくと、いつの間にかそれを取りに来て、
代わりに詩の一節を置いていく。この間は『ベーコンはおいしい』という詩だったよ」

 ニコは渋い顔をして腕を組んだ。

「それ、そいつの自作の詩なのか?」

 僕は肩をすくめて答える。

「 さあ。第一、カプットの姿すら見たことないからね。アヒルの卵くらいの大きさだっていうけど」

 ニコは困ったように頭をかく。

「夢見たんじゃないの?」

「違うよ」

「違うか」

「うん」

「分かんねーなあ」

 僕はニヤッと笑った。

「バカだなあ。分かんなくていいんだよ」



                                                            
             End
  1. 2009/07/08(水) 01:36:48|
  2. etude
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0