inkblot

絶対に忘れたくない


日は会いに行くひとがいる。昨日、この街に引っ越してきた子だ。友達になろうとおもう。僕は誰かと仲良くなるのがとくいなんだ! 一体どんな子なんだろう? 楽しみだった。

 赤い自転車に乗って、その子の家を目指す。引越しの片付けで忙しそうな家を抜けて、雑草がしげって立ち枯れている庭に、その子は居た。


庭の片隅の傾いたベンチに、ぼさぼさ頭の女の子が座ってる。うつむいた顔は長い金いろの髪が邪魔で見えやしない。僕は立ち止まって、声をかけた。

「やあ、はじめまして。君が引っ越してきた子だろ? 僕はアート。調子はどう?」

 彼女は足をブラブラさせながら、口を開いた。

「今日が何の日か、知ってる?」
「えっ?」

 なんだかよく分からなかった。何が言いたいんだろう?

「ちょうど十年前の今日に、デミアンは初めてピアノを弾いたの。三年前の昨日は、わたしがマルパと一緒に山へキノコをとりに行った日。五年前の明日はタシオがみっつめの眼鏡を買った日――」

 女の子は延々と、その日にあった知らない誰かの話をしゃべり続けた。そんなことよか、名前を教えて欲しかった。いったい、何が言いたいのかよく分からなくて、僕はちょっと困ったんだ。

「その人たち、君の大切なひとたちなの?」

 女の子は顔を上げて、青い目で僕をじっと見た。強い目だった。

「そうよ。今はみんな遠くへ行っちゃったけど。でも、絶対忘れたくないの。だから、毎日こうして誰が何をした日なのか、思い出すの」

 その子は、腕のなかの分厚くてボロボロになった日記帳を、ぎゅっと抱きしめた。まるで手放すのを怖れているみたいだった。

「わたしは油断すると、すぐに忘れちゃうから、あんまり寝ないようにしてる。眠るといろいろなことを忘れるわ。そんなの絶対にいや」

 意地っ張りな顔でそう言うその子の目のしたには、どす黒いくまがあった。子どもは寝ないといけないんだって、博士が言ってたよ。この子を、安心して眠れるようにしてあげなきゃいけないな。


「君はそうやって、君をおいて行った人たちの思い出をずっと抱え込んでいくの? 思い出はどんどん、たしかに重くなっていくよ。君はほんとうにそれに耐えられるの?」

 女の子はこぶしをにぎりしめた。

「でももう絶対にいやなの。わたしが忘れたら、みんなもっと遠くへ行っちゃう。そんなの嫌なの! もうこれ以上、遠くへなんか行ってほしくないの!」

 その子は泣き出しそうだった。あるいは、本当に泣いていたかもしれない。彼女はこぶしを握ったまま、うつむいて黙り込んだ。沈黙が流れる。しばらくして、僕は静かな声で話しかけた。


「君、知ってる? 何千年も前に、あるひとりの哲学者が居たんだ。もともとは、ある地方の王族の子でね、でも色々あって彼は家を捨て、家族を捨てて修行に出るんだ。

 厳しい修行の末に悟りを開いた彼は、じぶんの考えを人々に説くようになる。彼のことばは広く受け入れられた。弟子もできた。そのせいもあって、今では彼の教えは宗教として信仰の対象にもなっているよ。

 その彼がある時、こんなことをたずねられたんだ。
『天国や地獄はほんとうにあって、人は死んだらそういう所へ行くのでしょうか?』ってね。彼がどう答えたか、分かるかい?」

 彼女はだまって首を横にふった。

「彼はね、こう答えたんだよ。『私の教えは、生きている者のためにある。死人に用はない』って。ほんとにそうなんだよ。君は今、生きてるんだよ? 君、その人たちのためにちゃんと生きてるかい? 君は君の大切な人たちを忘れちゃいけないよ。でも、こんなのは誰も望んじゃいない。こんなの、いけないんだ。けど大丈夫、君の大切な人たちをおぼえとくの、僕も手伝えるよ。いい方法があるんだ!」

 彼女はわけがわからないという顔で僕を見た。

「木を植えるんだよ! 美しい木をさ。桜とか、金木犀とかね。たとえいつか、その人たちを忘れてしまう時が来ても、季節がめぐって風が記憶を運んできてくれる。いいと思わないかい?」

 答えのかわりに、石が飛んできた。なんとかよけたけれども。

「……わたしの名前、アイダ。あんたが木、もってくるなら植えてやってもいいよ」

 僕はぱっと笑顔になった。

「やった! じゃあ、明日植えよう! ほかの友だちも紹介するよ。それじゃあちょっと、失礼するね! 今から準備しなくちゃ! また明日!」

 僕は手をふって走り出した。これからやることがいっぱいあるからね。







end

  1. 2010/06/13(日) 21:06:45|
  2. etude
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Trillo del Diavolo



 らかな微睡(まどろ)みの中で、僕は美しいヴァイオリンの顫音(せんおん)を聴いていた。美しく揺らぐ音に満たされた空気の中で、僕はゆっくりと目を開く。

 窓辺で少し太った三日月が差し伸べる、白っぽい光を浴びながらそれを奏でていたのは、黒い三つ揃いを着た美しい悪魔だった。痩せたからだ躯を優雅に動かして、一心に飴色のヴァイオリンを弾いている。

 僕はベッドの中で声を上げることも出来ずに、ただ悪魔のヴァイオリン・ソナタを聴いていた。それは世にも美しかったけれど、同時に身を切るような悲しみをも兼ね備えていた。伸びやかでありながら、何かに強く焦がれるようでもある。なんとも不思議な曲だった。

 三つのトリルを含んだソナタを弾き終えると、悪魔は閉じていた目をゆっくりと開いた。深い緑色の瞳が間もなく身じろぎひとつしない僕を捉えた。


「ああ、いつかも私はこのように、人間の夢の中でヴァイオリンを弾いていたことがありました」


 低いのにか細い、掠れたような声で、悪魔は囁くように言った。


「けれど、このような夜はこうでもしていないと、とても耐え難いのです。人の子よ、君を起こしてしまったのは申し訳ないけれど、しかし私はこうするより他ないのです」


 そう言うと、悪魔は美しい瞳を伏せた。僕は思わずベッドから身を乗り出して訊ねた。


「どうして、こんな夜が耐え難いんだい? なかなか、悪くない夜だよ」


 悪魔は僕を見て悲しげな微笑を浮かべると、顔を上げて窓の外の月を見やった。


「私は月が憎いのです」


 悪魔の言葉に、つられて僕も月を見る。今宵の月はまだ満ちる途中だった。しかし、投げかける光は、心なしか強いように思えた。


「なぜ? 月はこんなに美しいのに」


 悪魔は弱々しい顔で、自嘲気味に答えた。


「それは私の生まれつきのせいなのです。君は知っていますか? 人間たちが知らず知らずのうちに、いつも暖かい光を受けていることを。

 人に見ることが出来なくとも、私には見えるのです。小さなライトが、人の上に暖かな明るい光を投げかけているのを。

 そのライトは、小さくて安っぽいくせに、なんとも言えないような暖かで朗らかな光を、絶やすことなく降り注ぎ続けるのです。


ああ、でも私にはそれがないのです!」


 悪魔は泣き出しそうな顔になって、ちょっと口をつぐんだ。


「獣だって、草木だって、暖かい日の光を浴びることが許されているのに! 私にはそれすら許されていないのです。私には太陽もあの小さなライトもなく、あるのは、この冷たい月の光だけ。ああ、なんと心の凍える光だろう!」


 悪魔はそう言ってとうとう涙を流した。堪らなかった。


「私は欲しい。欲しいのです。人間の持つあの暖かな光が! 

でも私は永遠にそれを手に入れることが出来ないのです。私が触れると、あの小さな脆いライトはどうしても壊れてしまうのです。

それでも私は、これまで、手に入れることが出来ないと分かっていながら、数知れぬライトを壊してきました。

ただ、仲間が欲しかったのです。暗闇で、その寒さに身を寄せ合う仲間が!」


 悪魔は持っていたヴァイオリンと弓とを床に落として、両手で顔を覆った。


「ああ、私は取り返しのつかないことをしてしまいました。人々が私を、人間を堕落させるものとして、忌み嫌い、怖れるのも当たり前なのです」


 悪魔は僕に取りすがって懇願した。鮮やかな緑色の瞳が、必死に僕を見ている。


「お願いです。どうか私を赦してください。そしてどうか憐れんでください。私の罪深い生涯はまだ終わりが見えず、一人で過ごす暗闇はまだ明けないのです」


 胸が張り裂けそうになって、僕は泣き出しながら悪魔を抱き留めた。寒さに冷たく震えていて、驚くほど軽い躯だった。


「もちろんだとも。僕はいのち生命が続く限り、君のことを思って胸を痛めるよ。月の光とともに!」



 不思議なことが起こった。その刹那、僕にも、僕の頭上にある小さなライトが、僕の腕の中の悪魔にも暖かな光を差したのが分かったのだ。


「ああ……」


 彼は信じられないというような顔をした。悪魔の白い肌をライトが優しく照らしている。悪魔は震えていた。けれどそれはもう、寒さのせいなんかじゃない。


「ああ……暖かい……なんと暖かい……」


 悪魔の伏せた目から、また涙があふれた。


「ありがとう。ありがとう……」


 そう言って悪魔はゆっくりと僕から躯を離した。


「もうじき夜が明けます。私はもう立ち去らなくては」

「またさっきの綺麗なトリルを弾きに来てくれるかい?」


 細い、形の良い指でヴァイオリンと弓を拾い上げながら、悪魔は恥ずかしそうに微笑んだ。


「今度来る時までにはもっと良い曲が作れそうです」

「あの曲だって十分良い曲だよ」


 悪魔は少しだけ、懐かしむような顔をした。


「前に出会ったヴァイオリン弾きの男も、同じことを言ってくれました。こんなに惨めな曲なのに」


 独り言のようにそう言うと、悪魔はそっと僕に背を向けた。


「それではまた今度」

「また今度」



 そうして悪魔は静かに暗がりの中に消えた。


 ぼんやりとした頭を振る。目を擦りながらベッドを出て、カーテンを開けると、世界はもう朝の中だった。










                                                  end





  1. 2010/05/02(日) 22:31:54|
  2. etude
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Peace!


 土煙が上がる。銃声が絶え間なく響き渡る。爆発で兵士が空に跳ね飛ばされる。ここは戦場だった。荒れ地にふたつの軍隊がひしめいて、殺しあっているのだった。
血が飛ぶ。弾が飛ぶ。爆弾が飛ぶ。こんなふうにして、かんたんに地獄はつくりだされる。勝ち負けなんてないのとおなじだった。終わりがないかのような戦いをつづけるなか、ふと、おぞましい音のあいだをぬうようにして、あまりにも場ちがいな音が風にのって聴こえてきた。兵士たちはけげんな顔をして、銃をおろして空を見上げた。

 西のほうから、巨大な気球がこちらに向かっている。へんな音はそこから聴こえていた。
いや、それは決してへんな音ではなかった。ヴァイオリンやフルート、チェロやクラリネットが合奏している音――オーケストラ管弦楽だった。球体から奏でられる音楽があまりに優雅でのんきで楽しそうだったので、兵士たちは自分が夢でもみているか、あるいはもうすでに鉄砲にあたまを撃ち抜かれるか、大砲にふきとばされるかして死んでいるんじゃないかと思った。

 気球は荒れ地の上にゆっくりとやってくると、いきなり何か粉のようなものをばらまき始めた。何かあたらしい兵器にちがいないと思い、兵士たちはおどろいて武器を放り出して手であたまをかばったが、よく見ればそれはなにかの植物の種だった。
たねの雨がやんだ後は、今度はほんとうの雨がふった。気球のカゴからみるみる雲が立ちのぼって、荒れ地と兵士たちの上にふりそそいだ。そのせいで、爆弾はすっかりしけってしまった。

 雨がやんで、最後にふってきたのはもっとずっと大きなものだった。兵士たちはとっさに拾いあげた銃をかまえたが、それが赤いろとひまわり色の大きな傘をさした二人の子どもだと分かると、どうしてもひきがねはひけなかった。

 赤いろの傘がはじめにふわりと着地する。チョコレート色の髪に、くすんだ黄緑いろの瞳をした十歳くらいの少年だ。白いシャツにこげ茶いろのベストとズボンに飴いろの革靴をはいている。少年は傘をバチンととじると、あきれたように首をふった。

「インディード(いやはや)! ほんとに無意味だなあ! 僕に言わせりゃ、大人になるってのはかしこくなるとかつよくなるとかそういうことじゃなくて、単にかんたんなことをむずかしく考えるようになるってだけだよ!」

 すぐにおりてきた、とび色の髪と瞳をした少年も傘をとじながら口を開いた。

「アートはほんとに気取り屋さんだな。まあでもオレも同感だよ。マジあほらし」

 少年はつまらなそうな顔で短パンから出たスニーカーをはいた足で土くれをけっとばしながら、Tシャツに書きなぐられた〝LOVE & PEACE〟という文字を軽くつまんでみせた。

「ニコはうるさいなあ!」

 アートはニコデモのことばにちょっとむっとしていたが、こほんと咳ばらいをして気を取りなおした。

「ええと、みなさん!」

 アートはちょっと声を大きくしていった。

「僕らが何をしに来たかは言うまでもないことです。ただ僕らがこれからやることを見ててくれればいいんだけど、その前にちょっと話すよ。

 僕らは勉強やそのほかのいろんなことをある人にならってるんだ。その先生っていうのがすごい人で、僕らにひととおりの勉強だけじゃなくて、魔法を教えてくれたことがあるんだ。ひとりにひとつ。たったひとつだけ。

 どんな魔法かっていうと、まあ役に立つものじゃないよ。お皿を洗ったり、おもい荷物をはこんだりなんてのは低俗だからね。僕らがならったのは、訳になんか立たない、美しい魔法なんだ。

 人はパンがたくさんあっても花がなかったら生きていけないけど、花があればパンがなくてもなんとかなったりする。ふしぎだよ! きっと、実際にひつようなのはパンはひときれ程度で、あとはめいっぱいの花々なんじゃないかなあ!」

 ニコデモはこうふんしているアートをこづいた。

「もうやっていいか?」

 アートは我に返るとひとつうなづいた。

「ああ、いいよ」

 ニコデモは肩をすくめて説明をはじめる。

「あのさ、大したことじゃないんだよ。でもとりあえず、やってみっからちゃんとみててくれよ」

 ニコデモは真剣な面持ちになると、てのひらをあわせてゆっくりひらいた。そこに光の玉ができる。手がひらくにつれて、そのあいだの光の玉はゆっくりと大きくなる。だいたいオレンジくらいの大きさになったころ、ニコデモはそれをゆびで空に向かってはじいた。光の玉は途中ではじけて、空に色鮮やかな橋をかけた。虹だった。とても綺麗だった。

「オレが教えてもらったのは、こんなのだよ」

 ニコデモはシカツメ顔でいった。たぶん、照れていたのだろう。

「アート、お前もはやくやれよ」

 ニコデモがつつくので、アートは慌てていつの間にか地面すれすれまでおりていた気球からヴァイオリンを受け取った。気球には二人と同じくらいの年の子どもたちと、かなり年上の、アートによく似た、寄宿学校の制服を着た背の高い少年が乗っていた。

「戦争なんて誰もやりたいわけじゃない。でも終わらせるのはすごくむずかしくてできないことだと思ってるでしょ? だけど、ほんとはすごくかんたんなんだよ」

 アートは得意げなかおをして、ヴァイオリンの弦をポンとゆびではじいた。どうじに、さっきまかれた種がいっせいにポンと芽吹いた。

 肩の上のヴァイオリンにあごをのせると、アートはいきおいよく弓をすべらせた。優雅で陽気で無邪気な曲をひびかせながら、さっきよりももっととくいげなかおで荒れ地を歩きまわりはじめた。

 アートの歩く先で、芽はすくすくと茎をのばし、色とりどりの花を咲かせる。放り出された武器には草が絡み、根が張って使いものにならなくなった。

「どうやら僕もずいぶん大人の考え方に慣れてたみたいだな」

 アートの兄は気球のカゴにもたれかかりながら微笑んでそうこぼした。しかし、すぐに他の子どもたちの声で現実に引き戻される。

「アレン、早く怪我人の手当てに行こう」

 顔いろのわるい少年が声をかけたのだ。きづけば、気球で待機していた子どもたちが全員、やる気に満ちたかおでこちらを見ている。

「ああ、ごめん。ちょっと考え事をしていた。それじゃあいくよ。まず、タオとアイダは分担して包帯の山を、それからエニーは添え木を、ケイは――」

 アレンはじぶんも赤い十字のマークのついた大きな箱を持ち上げながら、てきぱきと指示をだして、包帯を腕いっぱいにかかえた顔色のわるいタオをはじめに子どもたちを引き連れて荒れ地に繰り出した。



 いつの間にか、荒れ地は一面の花畑になっていた。もと荒れ地の中央にもどってきた気球の子どもたちはひとしごと終えたようなかおをして、気球に乗り込みはじめている。

「さあ、みなさん!」

 さいごのアートが気球に乗り込みながらいった。

「家族が、恋人が、友人が待つ故郷へ帰りましょう! 悪い夢はおわったのです、インディード(ほんどうに)!」

 子どもたちがのった気球はどんどん上昇していく。手をふりながら子どもたちが去っていったあとに残ったのは、疲れ果ててはいるけれど、やっと生き返ったような心持ちになりはじめている、誰かのお父さんやお兄さんや子どもたちだった。


end
  1. 2010/01/17(日) 06:07:49|
  2. etude
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

A Prince


「オレはね、王子様なの」

 アートはピカピカの自転車に乗ってやって来たやつを見て、ぱかっと口を開けた。

「なんで?」

「頭が良くて、お金持ちで、オレの周りにはすごい人たちがいっぱいいるの。だから」

「ふーん。すごいんだね」

 アートは金貨の山に立っている王子様を想像して、目を丸くした。

「そう。すごいの」

 王子様はちょっと得意げな顔をした。

「あ!」

 アートが急に大きな声を出したので、王子様はちょっと嫌そうな顔をした。

「何?」

「ねえ、もしかして王子様ってチョコ食べ放題?」

 ちょっと興奮したので、握り締めていたまるいチョコが手の中で嫌な音を立てた。

「うーん」

 王子様はちょっと暗い顔になった。

「虫歯になるからダメって。間食とかあんましちゃいけないの。まあ、こっそり食べてるけど」

「ふーん」

 アートは肩をすくめて王子様にチョコを差し出した。

「食べる?」

「うん」




                                    END
  1. 2009/12/02(水) 00:48:26|
  2. etude
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Java

 岬のさびれた灯台に登ると、澄んだ空気が思いの外冷たくて、僕はふいに涙がこぼれそうになったもんだから、焦って目をこすった。昼間の灯台は少し肩身が狭そうに感じる。

 手すりから身を乗り出して海を見下ろす。鉛色の空の下で、海は群青色をしていた。群青色の絵の具は食べられると言っていたのは誰だっけ、と考えていたら余計寂しくなった。どうしようか。

 困っていると、いきなり頬に暖かいものが当てられる。見ると、両手にマグカップを持って彼が立っていた。礼を言ってマグを受け取る。

「寒いな」

 僕と同じように手すりにもたれかかって、彼は言った。

「そうだね……もし、冬に一人ぼっちで居たら、寒くてすぐ死ぬだろうな。だから生きものは冬眠するんだ、きっと……」

 僕の返事は半ば呟きのようだった。彼は肩をすくめた。

「でもお前は一人じゃないじゃないか」

 僕は黙ってマグカップに口をつけた。中身は濃いコーヒーだった。

「苦いな。砂糖切らしてたっけ?」

 そう言うと、彼はわずかに顔をしかめたようだった。

「甘いものの後には苦いジャバがいいさ。何だって甘いことばかりじゃない。そんなふりをするのも間違ってる。これが俺たちの望んだ世界だ。俺たちはこの世界を信じている。だから別に構わないさ。そうだろう? 大切な人達は今そばに居るんだから」

 彼の横顔は覚悟に満ちて誇り高かった。僕がそんな風になれるはずがない。

「僕はそんな風に腹を括ったりは出来ない」

 彼は意外そうに微笑んだ。

「まだしようとしてないだけなんじゃないかい?」

 僕はそんな彼の優しさが、好きなんだか嫌いなんだか分からない。


                                                                         End
  1. 2009/11/20(金) 04:46:33|
  2. etude
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ