inkblot

20160124


 今年から博文館の当用日記を使い始めた。日記は三日坊主派である。まあ五日続いたためしもないのだが、いまのところ奇跡的に続いている。これが非常によくできた日記帳なのだ。使い勝手のいいフォーマットというだけではダメだ、大事なのは情報量だ。六曜、旧暦、その日付に過去起こった出来事、短歌なんかが一頁に書き込まれているので、それが見たくてつい日記を手に取るし手に取れば書く。という訳で小生は1月24日がちょうど旧暦の12月15日になるということを知って少し興奮している。

 旧暦というのは太陰暦、つまり月の暦なので毎月15日は必ず満月になる。月の信仰は古い。月はひとつきの間に、死んでよみがえるからである。今でもあちこちの神社の神事だったりは依然としてどこかの15日にやることが多いのではないかと思う。たとえば成人の日も少し前までは1月15日だった。12月15日は一年最後の満月だから、この日におこなわれる神事もやはり多い。たとえば宮崎県の銀鏡(しろみ)神楽は猪の生首を神饌として夜通し三十三番からなる神楽を舞う。かねがね観に行きたいと思っているのだが、なにせ遠い。

 さて、月の信仰に話を戻そう。信仰の核となるのはやはり月が生死を繰り返すことだ。月の信仰は太陽信仰にさかのぼると言われている。日本でいえば、縄文時代にそれは濃密にみてとれる。死と再生を繰り返す月神の涙や唾液や鼻水――つまり体液もやはり同じ力を持つと考えられていた。変若水(をちみず)だ。顔面把手付深鉢形土器という縄文土器がある。壺の縁に、そこを覗き込むように顔がついている。その目や鼻や口からこぼれ落ちた体液がたまっていく。月神をかたどった顔のついた土器、その中には変若水の代わりに酒で満たされていたのではないか――。ネリー・ナウマンはそう論じた。

 12月15日。最後の月が満ちる。死にゆく年はやがて古い皮を脱ぎ捨てて生まれ変わるだろう。月神の持てる霊妙なる水がほんの一粒でも誰かの墓標に注げばいい。



  1. 2016/01/24(日) 10:07:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

20150524

ハッピーバースデーツーユー
書いて満足して、うっかりここに載せるのを忘れていた。
ガッデームである。





 なんだかもうすっかり暑い。夏が近づくと暑さで意識はどんどん身体から遠のいていく。生まれて20年以上経ってだんだんルーティーンに倦み果てつつあるのだが、それでもそれはやっぱりただの思いあがりである。生きるのはやたら忙しいし、そして不思議でもある。なんだかやっぱりよく分からない。生きてるってホントに変なことだな。

 忙しくて大げさに志村のことを考えることもなく一ヶ月が過ぎた。志村正彦という人間がもう電車で見かけたかわいい女の子をストーキングしたり、ご飯を食べたり眠ったり不気味な顔をしてステージに現れることが二度とないということについて、あまり正面切って考えなくなってきた。いや、今こうして書いているとやはりこみあげてくるものはあるのだが。デカいかさぶたは触るとやっぱりずるむけるので慎重に触れずに過ごすようになっている、いつの間にか。

 しかしだからといって別に忘れるというのとは違うのである、これが。なんか志村のことがもう当たり前に生活の中に沈められているのである。生活の端々でごくごく自然に志村のことを想起している。今でも。志村がこういうことを言っていたとかこんな癖があったとかくだらないことを何気なく考えている。別に知り合いでもないのに。だが割と自然に自分の一部に志村の一部がなっている。

 フリスクは迷わずピンクを買う。でもコンビニはセブンよかローソンの方が好きだな。その件に関しては志村よすまん。敢えて考えたりはしないけど、今も時々どうしようもなくこみあげてくるよ。

  1. 2015/06/11(木) 23:00:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

20150207


 御無沙汰している。いろいろ調子が悪かったり忙しかったりで24日の記事もまだ清書できていないのだが、べつに忘れている訳ではない。というか、毎月毎月書いていて先月だけ忘れるはずがない。それは忘れたのではなく、痴呆じゃないか。

 しかし特に病んでいるとも思わないのだが、感受性の一番繊細な部分がだいぶくたびれている感じがするな。下旬には忙しさもひと段落つくと思うので、またぼちぼちやっていきたいものである。「バリバリやろう」とか思うとまたやれなくなるので、やりたくなるのを待つ作戦だ。書きたいことはあるのに、載せるところまでうまく繋がっていかないのはどうしてなのか。うちのロマンチックおじさんなんか、一週間で一〇〇枚書いたりするくせに人差し指二本でタイプしてると言い張るのだが、絶対ウソだろ。やる気出ないのは半分くらいはロマンチックおじさんが今年入って四月まで授業をしやがらないせいである。先生め! 

 研究会やフィールドワークの予定もあるので、予習や支度もある。今年、できれば四月と八月と十二月にフィールドワークに行きたい。必要なものをそろえたりもしたいのだが、何かお金を使うとお母さんの小言が飛んでくる。だが、お母さんが怖くて実家通いで院に行けるか。小生は内田百閒が好きなので、お金の心配は手元になくなってからしようと思う。今、久世光彦『百閒先生月を踏む』を読んでいるのだが、『一九三四年冬―乱歩』ほどではないもののなかなか面白い。

 しかしそろそろ殊能センセーの命日だな。日記を読み返しているが、めちゃめちゃ面白い。「泡坂妻夫はトリックを追求した結果、変態性の強いミステリになっているのではなく、たぶん本人が変態だからああいうトリックになるんだと思う」と言っていて笑った。たしかに『湖底のまつり』はやっぱり変態すぎる。

 明日5時起きなのでそろそろ寝ないとな。んじゃまた


  1. 2015/02/07(土) 22:50:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

20150124


 なんか調子が悪くて全然書けなかった。

 24日は室生犀星の「童子」「後の日の童子」というふたつの短編のことを考えていた。犀星は最初に授かった男の子を生まれて幾ばくもしないうちになくしている。室生犀星、顔は怖いがああ見えて実はものすごく情の深い男である。体の弱い赤ん坊が熱を出したりするたびに血相を変えて病院に飛んでいく。

 けれども両親の腕のあいだを抜け落ちるようにして、子どもは死んでしまう。それまでとはうってかわってひっそりと静まり返った暮らしのなかで、父と母は我が子を幻視する。しゃべることもできなかった赤子がどこか大人びた童子の姿になっている。四、五歳ほどの、笛と太鼓をたずさえて、暗い昏い道をちいさな足で、かなしい顔をしてあてどなく歩き続ける童子である。その果てのない道ゆきの途中、ほんのひと時だけ、童子は父母の前で遊ぶ。その光景の痛々しい幸福さ。すべてが無理なのは誰もが分かっている。目が覚めたら、おそろしい虚無が待ち構えている。その未来を先送りにして、永遠に引きのばされた時間だ。

 死児に引き寄せられ、死児を招ぎ寄せる父母。内田百閒「道連」もそうだが、こういった作家たちの描き出す死者の立ち現れ方というのは、古い古いところから発しているものだ。死者という幻が現実を侵す。夢と現が曖昧に溶け合うところに、死者の声が響く。物語とは依りつくモノ=死者の語りであり、そして物語とは、供犠である。死者へと捧げられた死者の語り。死者の生きた物語を語り直すことが死者への供犠なのである。

 しかし「童子」「後の日の童子」は凄絶である。想像力は地を離れて翔んでゆく。何よりも濃密に幻が日常を生きている。死者にいっときではあれ、今ひとたびの生を与え得る想像力の強固さに皮膚が粟立つ。もう一度それがほしい。


  1. 2015/02/02(月) 22:47:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

金木犀

 金曜日からずっと、取りつかれたように金木犀の匂いがしている。姿はほとんど見かけないのに、匂いだけはどこまでもついてくる。しかし、これもひと時の儚い慰めだ。そのうち気まぐれな雨が知らん顔で、街から洗い流してしまうだろう。そうしてから切なさが、未来になって今を塗り替えていくだろう。
  1. 2014/09/30(火) 07:19:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ