inkblot

富士と初恋と溝


 今期の発表がやっと全部終わりそうである。まあまだ漢文の担当箇所に手を付けてないのでそれが怖いが。おまけに風邪まで引いて色々と困ったが何とかなりそうである。

とりあえず、あれからダイバーシティでフジファブリックを観、神戸で銅鐸と初恋の嵐を観、NHKホールでハイエイタスを観た。これだけ観たらどれかは普通のライブだろうと思ったがとんでもなかった。フジは相変わらず化け物じみているし、新曲までかましくさった。新曲のサカナクションみたいなコーラスワークが実に見事で未だに耳から離れない。ついでにあのぴかぴかライトを使った茶番も頭から離れない。それから金澤先生が鍵盤の上から転げ落ちたことも忘れられない。かとをさんが噛み噛みだったことも忘れそうもない。

 神戸の初恋の嵐はAXの100倍よかった。あの日頑張れば行けたが迷って行かなかった人は壁に頭を打ちつけながら後悔するがよかろう。セカイイチ岩崎の「フライング」、クボンゲの「真夏の夜の事」、TKの「Good-bye」は本当に素晴らしかった。このうちのどれか一曲を聴けただけでも神戸まで行った価値があった。そして堂島孝平のMCである。同じ身長ネタでも金澤先生とは月とスッポンである。あの瞬間、こくさいホールに爆笑の渦が巻き起こった。東京でもしっかり笑いを取っていたが、最早プロだ。。。金澤先生は堂島孝平に弟子入りしてみてほしい。

 ハイエイタスは正直2デイズの初日でもあったし、個人的には特別なライブになるだろうがそこまで凄まじいライブにはならないだろうと思っていた。バカであった。何だよあれ! 細美さんすげー! 多分終演後の小生に何か喋らせたら「細美さんすげー!」しか言わなかっただろうと思うが、考えてみると今も大差ない。のっけからとんでもねえタイミングで下ネタを言い放って堀江博久を凍りつかせていたが、許す! 最後の最後までやっぱりとんでもねえ下ネタを言っていたが全然許す! 細美さんは許す! 歌ってギターまで弾いているのに我慢できなくなって同時に踊り出すやつなんか細美さんくらいだろう。MCしながらピョンピョン撥ねまくり、「すんげー楽しい! ヤベー、帰りたくねえよもう! 次の曲やりたくねー! どうしよう! マジでやりたくねえ!」と云って子どもみたいにMCをむりやり引き延ばす。言っとくが細美さんは初恋の隅さんより年上である。あり得ねえ。細美さんが今もステージの上で、3階からでも余裕で見えるくらいの笑顔でいてくれてマジでよかった。あの顔はステージの上以外で楽しいことがあったら絶対にできない顔だ。彼は実は笑顔で途轍もなく怖ろしいMCをしたんだが、でもステージの上であれだけ笑っていられれば大丈夫だ。ステージの上で笑えなくなった時は相当まずいだろうが。しかし彼は絶対にオーディエンスを裏切らないもんな。これから先もずっとあの笑顔でいてほしい。こんな純粋に楽しい気持ちになったライブは久しぶりかもしれない。細美さん大好きだ。あと坂本美雨は声がすごく綺麗だった。あとジェイミーがかわいかった。かわいかったが細美さんと同じくらい身長があったのは気のせいだろうか。ジンガイでけーな。。。


 今は時間がないのであまり書けないが、もう少し詳しく色々と書きたいとも思う。思い出しただけでも大分興奮する。これから寝たいんだが。。。徹夜してお伊勢参りでもしようか。




  1. 2012/12/19(水) 02:34:26|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

波多野は本当に気違いか


 ピープルについてどんなことが言われていたりどんな風に思われているのかはさっぱり分からないが、やはり気違いじみているというようなことが言われているんだろうか。波多野の言動や世界観は確かにおかしいがというか確実に言動は職質ものだが、考えてみると波多野が気違いだと思ったことはない。せいぜい佯狂みたいだなと思うくらいである。もちろん気色悪いということはしょっちゅう思っている。ツイッターなんかでも思ったよりもまともな感じがするが、歌詞を読んでいてもやはり格別「ああ気違いだなあ。気違いだ」と思うようなことがない。多分そのまともさは表面ではなくもっと根本のところにあるのだろう。

 ここ一月くらいかなりよくthe HIATUSを聴いているが本当の気違いというのはああいうのを言うのじゃないか。あんな物凄い声で「Save me」と叫ぶ人間がどこにいるだろう。そして曲調があれだけ目まぐるしく変わっていっても歌詞だけは全く何も変わらない。「Please stay awhile Until I get to be the right one Please come back to me When I can get to be the right one」。「Tell me you are here to stay In this crazy mixed up world And we still can make it right」。「I'm a fuckup and I'm a nuts so she's gone」。「I'm sorry I've never meant to be like this」。「I tried I tried I tried Hey I swear I tried I swear I tried」。何十年も歌って来て結局言いたいことが「僕はクソったれのゴミ野郎だ。だけど一生懸命頑張るから戻ってきて。お願いだから」というただそれだけということがうすら寒くなるほど怖ろしいことのように思う。

 細美はまともになろう、なろうと真っ正直に真っ直ぐに努力している気違いだ。作為的でなく素で狂っているから怖い。ぱっと見は至ってまともだが、彼の観ている風景は奇妙に捩じれ溶けて歪んでいる。これはもう治らない怪我、病気ではないだろうか。彼が人としての幸福を得ることはおそらくないだろう。なぜなら彼自身がそれに決別し表現者としてその先を常に見据えているからである。この先も彼に途切れることなく表現者としての幸福と栄光があればいい。




  1. 2012/09/21(金) 11:50:44|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

20120707

 うむ。。暑いせいか全てがはかどらない。やはり全く向いていないことをやっているので難しいんだよな。だが小生もまだ20歳である。まだ色々やれるはずである。もう自分で言い聞かせないと小学生の頃から老人のような気持ちで生きてきたのですぐ「もう終わったな」と思ってしまう。この年にはもうランボーは詩を書き切っていたのである。何も取り柄がないのもつらい。まあまだまだ色々やるけどな! 

 コメントも返すのが苦手なのでここでまとめて返すか。クボンゲも志村もあの訳のわからないファッションは無理矢理というと語弊があるが、敢えて違う自分を作って広げているような印象を受ける。メレンゲのクボケンジと久保賢二は違うのだ。フジ志村と志村正彦は違うのだ。その二つがどうしても重ならずに離れていくので、かつて細美はステージの上で泣いた。それは彼が最もシンプルな方法で誠実であろうとしたからだが、志村やクボはどうせ重ならないのならステージの上にいる間だけでももっと魅力的な自分であろうとしているんだろう。・・・いや、あのファッションが魅力的かどうかは分からないが。

 きっかけが誰のコメントだったかはすっかり忘れていた。ただ、ライブが終わってしまったら楽しみがなくなってしまうというのは駄目だ! 素晴らしいライブは観たら終わりではない。たとえ断片であっても心のどこかに刺さり続けて光を放つ。でも終わったライブは時間が経つにつれ、凄まじい速さで砕けていくのである。必死で捕まえる努力も必要である。小生もここ数日はBOCや初恋の嵐のライブを思い出してニヤニヤしている。いつかは忘れるんだろうがまだまだ忘れる訳にはいかねえ。

 やべえ、広島の速報が来た! 速報が来るまでとレスポンスするまでで各3日のタイムラグがあるがまあいいだろう。当方、ライブレポはいつも大歓迎である。鹿児島も頼みます。人のライブの話を読むと自分の覚書に絶望する。全然書き終わってないしな。広島、人数は少なかったようだが異様にキレキレだったようである。

 しかしメレンゲファンはどこの人も基本的にカバンを持ち込む人が多いんだな。まあ確かにフロアが地獄絵図になることは皆無なんだが、重い荷物やデカい荷物は預けるべきである。指摘があったがオーディエンスのノリが明らかに野音で変わったよな。新宿インストアは一旦戻ってたが。バンドだけでなくオーディエンスも成長する必要に迫られるとは凄いバンドである。しかし「一人8枚新譜買え」だとか「一人チケット代8万」だとかクボンゲは8という数字が好きみたいだな。。話は逸れるが島根はいいよな。キセルの「島根」という曲もすごい。あんな曲はキセル以外には絶対に作れないだろう。

 それにしても長野を名古屋と言い間違えたり金沢は湿気てるだとか出雲がどこだか分からなかったりするから風邪をひくのではなかろうか。天罰である。だがオーディエンスからしたらマジで何の試練だか分からない。とりあえずインストアはざっと検索をかけたところ声は出ていたようである。何だか目が虚ろな気もするが、元からこんなようだったような気もする。これで福岡で声が出ていなかったらプロ失格だよな。いやしかしやってくれるに違いない。小生も野音DVD(本編MCノーカット)が出る前に覚書を書かないとな。

 しかしこんなことばかり書いているとメレンゲだけ好きな人みたいで嫌だな。。。ぶっちゃけ今日明日はBOCツアーのラストスパートなのでそのことばかり考えている。あと、キャットパワーがかわいいなと思ってウィキを読んでいたらアル中ヤク中メンタル面が不安定でしょっちゅう誰かとくっついたり別れたりしているらしいということが分かって落ち込んでいるところである。。アメリカ人なんてみんなそんなもんなのか。。。だが実は愛犬家で猫嫌いというのはポイント高いよな。という訳でなんとなくカイトを聴いている。湯川潮音のライブも行けなかったので悔しい。あのキャパは無理だ! ぶっちゃけ彼女は新譜よりライブの本数をもっと増やしてほしいよな。



  1. 2012/07/07(土) 18:58:17|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ELLEGARDEN

 最近英語の勉強と称して英詞の曲ばかり聴いているんだが、エルレの英語は今見ると感動するくらい分かり易いな。フレーミングリップスなんか何言ってるか分からん。いや、あれはほとんど歌詞カードとボーカルがひどいせいか。。。でもウェインのへなちょこボーカル、いいぜ。

 しかし、今ELLEGARDENを聴くと冬っぽい曲が多い気がする。そりゃ弾けた曲も多いが、「Pizza Man」よりも「Middle of Nowhere」の方が気になるんだよな。凍えて心まで死に絶えそうな冬のイメージだ。。。

 声もメロディも一見勢いと危うさを持っているが、その実不安定で崩れそうな危うさをはらんでいる。曲調はエルレよりハイエイタスの方が歌詞に合っているだろう。

 気狂いじみていると思う。誰かを救おうとして思い余って息の根を止めてしまうような悲劇的な狂気がそこにはある。

 細美ってほんとにキッツキツな性格だよな。傍から見ていると滑稽に思えてしまうくらい真面目なのである。どうでもいいことにまで真剣に考え込んでしまうんだから、相当疲れるんじゃないか。。。それがもともとの性格なのか、背負い込んだ出来事のせいなのかは知らない。

 きっと心のどこかを枯らしたまま生きているんだろうなあ。




  1. 2011/09/18(日) 10:00:05|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

単純な頭


 こういうことを書くとアジカンファンに刺されるかもしれないが、ゴッサンの頭の悪さはかなり水際立っていると思う。一定数、読解力の異常に低いあるいは揚げ足を取りたがる人々がいることを差し引いて考えても、社会問題について言及する時に明らかに不用意な言い方をしたりして炎上する。そして地味にヘコんでいる。

 ぶっちゃけ彼が言うことには虚しさを覚えていた。俯瞰してみれば彼が何を言おうとほとんど何も変わらない。同じ社会問題について語っても、ゴッサンとオザケンではまったく違う。ゴッサンの言及することって原発だのなんだのと、表出され可視化された問題にすぎないんだよな。オザケンはそういった問題を生み出す「仕組み」について話す。まあ東大卒と比べるのもひどい話だが。。。学歴で判断するのはあまり好きじゃないが、そいつの教養がどれだけのものかを測る単純な目安となるのは確かだ。何浪もして関東学院というのは、はっきり言って一番勉強すべき時にしなさすぎたと思う。本人も痛感しているみたいだが。。。いかん。これは自戒でもある。

 だが、状況は変わった。3月11日の大震災、そしてそれに続く原発問題。ゴッサンは救援物資を集めたり、曲を書いたり確実に誰よりも自分の立場を利用して大きなことをしていると思う。ガンガンタイムラインに流れるツイートに感化される人もいるだろう。まだ失言も多い。でもゴッサンの「頭の悪さ」は今プラスの方向に働いていると思う。彼は頭が悪いから炎上したり騙されることもあるけども、頭が悪いからやることは真っ直ぐで、ウソがない。やはり守るべきものがあるというのは強い。

 個人的には細美の方が好きだが。細美は必死こいて本を読んで勉強して、ガンガン行動する。カッコいいよな。細美は英語ができるから、得られる知識が質量ともに優れているというのもある。彼はウソをつかないし、生真面目なくらい真っ直ぐなんだよな。だが決して無理はしないでほしい。やりかねないからな。

 小生は今回のことに関しては未だに直視できていない。真っ向から考えたら脳みそが壊死しそうだ。原爆を二つも落とされた国が同じ爆弾をいくつも体内に抱え込むなんて常識的に考えてあり得ないだろ。終わるともしれない不況、震災、そして原発と我々の世代が背負うことになるものは潰れそうなほどだ。本当にたまに募金するのが精一杯なんだよ。小生はもう何年も新聞を読まない。昔は好きだったが。これ以上絶望するのはうんざりなんだ。

 だから頼む。ウソをつかない大人って少ないんだよ。あんたらがやってることで出来そうなことは真似したい。今すぐにはできないかもしれないが。だから今は先頭を頼む。






  1. 2011/05/28(土) 21:32:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ