inkblot

20120707

 うむ。。暑いせいか全てがはかどらない。やはり全く向いていないことをやっているので難しいんだよな。だが小生もまだ20歳である。まだ色々やれるはずである。もう自分で言い聞かせないと小学生の頃から老人のような気持ちで生きてきたのですぐ「もう終わったな」と思ってしまう。この年にはもうランボーは詩を書き切っていたのである。何も取り柄がないのもつらい。まあまだまだ色々やるけどな! 

 コメントも返すのが苦手なのでここでまとめて返すか。クボンゲも志村もあの訳のわからないファッションは無理矢理というと語弊があるが、敢えて違う自分を作って広げているような印象を受ける。メレンゲのクボケンジと久保賢二は違うのだ。フジ志村と志村正彦は違うのだ。その二つがどうしても重ならずに離れていくので、かつて細美はステージの上で泣いた。それは彼が最もシンプルな方法で誠実であろうとしたからだが、志村やクボはどうせ重ならないのならステージの上にいる間だけでももっと魅力的な自分であろうとしているんだろう。・・・いや、あのファッションが魅力的かどうかは分からないが。

 きっかけが誰のコメントだったかはすっかり忘れていた。ただ、ライブが終わってしまったら楽しみがなくなってしまうというのは駄目だ! 素晴らしいライブは観たら終わりではない。たとえ断片であっても心のどこかに刺さり続けて光を放つ。でも終わったライブは時間が経つにつれ、凄まじい速さで砕けていくのである。必死で捕まえる努力も必要である。小生もここ数日はBOCや初恋の嵐のライブを思い出してニヤニヤしている。いつかは忘れるんだろうがまだまだ忘れる訳にはいかねえ。

 やべえ、広島の速報が来た! 速報が来るまでとレスポンスするまでで各3日のタイムラグがあるがまあいいだろう。当方、ライブレポはいつも大歓迎である。鹿児島も頼みます。人のライブの話を読むと自分の覚書に絶望する。全然書き終わってないしな。広島、人数は少なかったようだが異様にキレキレだったようである。

 しかしメレンゲファンはどこの人も基本的にカバンを持ち込む人が多いんだな。まあ確かにフロアが地獄絵図になることは皆無なんだが、重い荷物やデカい荷物は預けるべきである。指摘があったがオーディエンスのノリが明らかに野音で変わったよな。新宿インストアは一旦戻ってたが。バンドだけでなくオーディエンスも成長する必要に迫られるとは凄いバンドである。しかし「一人8枚新譜買え」だとか「一人チケット代8万」だとかクボンゲは8という数字が好きみたいだな。。話は逸れるが島根はいいよな。キセルの「島根」という曲もすごい。あんな曲はキセル以外には絶対に作れないだろう。

 それにしても長野を名古屋と言い間違えたり金沢は湿気てるだとか出雲がどこだか分からなかったりするから風邪をひくのではなかろうか。天罰である。だがオーディエンスからしたらマジで何の試練だか分からない。とりあえずインストアはざっと検索をかけたところ声は出ていたようである。何だか目が虚ろな気もするが、元からこんなようだったような気もする。これで福岡で声が出ていなかったらプロ失格だよな。いやしかしやってくれるに違いない。小生も野音DVD(本編MCノーカット)が出る前に覚書を書かないとな。

 しかしこんなことばかり書いているとメレンゲだけ好きな人みたいで嫌だな。。。ぶっちゃけ今日明日はBOCツアーのラストスパートなのでそのことばかり考えている。あと、キャットパワーがかわいいなと思ってウィキを読んでいたらアル中ヤク中メンタル面が不安定でしょっちゅう誰かとくっついたり別れたりしているらしいということが分かって落ち込んでいるところである。。アメリカ人なんてみんなそんなもんなのか。。。だが実は愛犬家で猫嫌いというのはポイント高いよな。という訳でなんとなくカイトを聴いている。湯川潮音のライブも行けなかったので悔しい。あのキャパは無理だ! ぶっちゃけ彼女は新譜よりライブの本数をもっと増やしてほしいよな。



  1. 2012/07/07(土) 18:58:17|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

cold

 邪が治りかけているんだと思っていたら、ひきはじめだった。畜生。。。ボーッとして何も書けない。。。

 しかし、潮音嬢の「風よ吹かないで」が名曲である。声は個人的には天使の声かと言われれば頷きかねるが、でも生で聴いた時は天使じゃないかと思った。生きるのとは別の用途の為に生まれたような存在であった。居るんだな、実際。。。

 彼女のバックボーンには古き良き児童文学がかなりありそうだ。知りたい。。。。


 あ、画像に特に意味はありません。




 
sou-kun_convert_20110130152109.jpg



  1. 2011/02/13(日) 11:25:49|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

三鷹

 更新が滞っている。。部誌の原稿の筆も滞っている。。。まずい。原稿が終わったらちゃんと更新を。。うむ。。。ここしばらくは不定期になるかもしれないので、宜しくお願いします。。




 ところで、駄目元で申し込んでいた潮音嬢の小部屋ライブが当たった。こういうものが当たるのは初めてである。。。生きててよかった(深夜高速)。

 しかしこういった抽選ものというのは、感想がネックになって来るのだと聞いたことがある。なので、少し頑張って新譜の感想を書いてみた。新譜は段々とこなれて来たところで感想らしい感想もがっつり纏められそうだったのだが、異様に長くなりそうだしこの文体で書くと怪奇文書みたいなので、可愛らしく(当社比)綺麗に整えて短めに纏めた。イメージとしては潮音嬢なんかを聴いていそうな女の子(想像)っぽく。

 うむ。。別に犯罪ではない(弁解)。意外とキャラクタを決めておくと、書きやすいものである。しかし、やはりあちら側は作品がどう受け止められているのかを知りたい訳だから、感想は誠実に書くべきだよな。任意とは書いてあっても、白紙は論外である。小生は一応一生懸命書いた! 18日は志村に負けないくらいの眼力で潮音嬢を拝して来ようと思う。。。まあ、無事に辿り着ければの話だが。

 などと言いつつ、抽選は感想の有無に関係なく普通に帽子入れを利用して厳正に行われていたりするのである。ちょうどいいネタなので膨らませてみた。








  1. 2010/12/01(水) 23:07:15|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

タワレコに貢いだ一日

 用ついでにタワレコに行って来た。というか、私用というのは期限の切れたパスポートの申請手続きである。なぜか12月に台湾に行くことになったのだ。帰国するのは、12月24日である。・・・悲しむ暇もないかもな。嘘だ。もう既に悲しくてしょうがない。

 実に駅から遠い建物まで行った。・・・私はそれほどでもないが方向音痴である。一回建物に入り元来た道を戻ろうとすると、反対方向に行ってしまう。しかし一人で看板を見ながら申請に行って来た。意外と行けるものであった。もうどこでも行けるぜ。

 その後、ばあちゃんと落ち合ってタワレコに行ったのだが、入ったところに「クレッシェンド」が置いてあり「ああ、潮音嬢の新譜はもう発売かあ」と思って手に取った。ぶらぶらしていたら、「数量限定 \100」という赤いシールが目に入ったので反射的に「ロックだぜ!」とこれも手に取った。ピロカルピンの「存在証明」。全く知らんバンドである。そして今日の目的であったメレンゲの「ギンガ」。ううむ。懐具合が今日の空模様のようである。。


 「ギンガ」は当分封を開けないつもりである。ジャケット、よく見たら我が街の名前が。。あの駅は下北だろうか。。うむ。凝った作りなのはよく分かった。小生、まんをじして開封するつもりである。

 ピロカルピンは早速聴いた。女性ボーカルで、ロックロックしたサウンドとボーカルの声質の微妙な噛み合わなさが印象に残った。いや、全然線の細い声質とかではないんだが。ちょっとオフィシャルサイトを覗いたところでは、メンバーにBOCを好きなやつとメレンゲが好きなやつがいるらしい。・・・おい。なんでフジファブリックがない。こらボーカル、バンプじゃなくてフジ聴け。

 「クレッシェンド」。いやあ、いしわたり淳治、エグいやつだな。。潮音嬢にこんな歌詞持って来るなんてさすがいしわたりである。いや、結構好き。でもとりあえずもうクボのラブコールは受けんでいいよ。笑 メレンゲはひねくれてはいるかもしれないが、いしわたりのような小ズルさや底意地の悪さはないからな。。話が逸れた。「ヒーロー」でぐっと来た。私も歌詞のようなことは考えているが、書いたらもっと暑苦しくなるだろうな。。BOCファンは熱いからね。「ルビー」は想像と少し違っていたが良い曲だった。祈りについての歌。「ロンリー」はフジの「Mirror」と同じく、タブラの印象的な曲。こちらはタブラマシンではなく本物らしい。・・・1曲目の少年ナイフのくだりが少し違和感あったとか言っていないぞ。でも潮音嬢は意外と好きそうだな。。「愛に帰ろう」はイントロのレコードっぽい音がCDで聴いた時はよかったが、ヘッドホンで聴くとプチプチ音が発泡音みたく聴こえて不思議であった。

と か言いつつも、聴き込むと大分印象が変わって来そうである。スルメが多そうな感触。







  1. 2010/11/16(火) 22:07:27|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

原稿

原稿は依然として終わらない。。。。

だんだん羞恥に耐えられなくなってきた。

禿げそうだ。。。。。

それにしても、ひたすら洋楽の話題ばかり出てくるのでうんざりして、

今はBOCの隠しトラックや湯川潮音を聴いたりしている。。。。。。

「ツバメの唄」を聴いていて、湯川潮音は年をとったら

ユーミンみたいな声になってしまうんじゃないかと思えて怖かった。。。。。



  1. 2010/09/02(木) 11:48:55|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ