inkblot

20171015弦ペリとクボンゲ

 みんな行きましたか、やばいやばいと思いながら行ったのだが、まあやばいやばい呟きながら帰ってきたよね。あれ合法なんですか、あのキャパで観れていいもんなのか?? 思い返すと完全に笑顔になってしまう。月見ルのブッキング担当の人、変態なんじゃないか。またやってください。月一くらいでお願いします。

 トップバッターはクボンゲ with Y、セッティングの時にステージにハットを置き忘れてたっぽいのだがわりとまじで探してたらしく不安になる。弦ペリのリハを観て「あれの後にやるとかゾッとする、先でホントよかった!」と敗北宣言しだした挙句「トークで勝負する」とか言いずっと不倫の話とかしていてさらに不安になったが、ライブ自体はめちゃくちゃよかった。てかフェイクめちゃくちゃうまくなっててすげえ。ぶっちゃけがんばり始めてからもう何年も経ってるけど、かなり感動。「水槽」やってくれたの最高だったけど、「たまにやってって言われるけど意味わからん」みたいな感じだったがその反応が意味わからん。もっとやってください。

 

 そして後攻がタカハシコウキ氏率いるGen Peridots Quartet。ペリドッツの派生だけど、タカハシさん以外メンバーみんな違うという言われてみるとすごい編成である。鍵盤に河野圭、ヴァイオリンは須原杏、チェロに林田順平というメンツでしかも弦の二人は美男美女、なんか眩しくて上手側が見えない。ちなみに須原さんはフジやメレンゲでも弾いてたりするのだが、すっかり忘れていた。クボンゲのハンドマイクもこなれてきたと思ってたけども、やっぱりタカハシさんはずっと堂々としている。見た感じ普通の人なんだけど、歌ってる最中のかっこよさったらないよな。最高。声がむちゃくちゃいい上に歌が鬼うまくてさらに曲も歌詞も異常なクオリティなので、殺されそうである。バンド編成でもあの高みへ上り詰めていくおそろしく美しいメロにやられているのに、ストリングスなんかついたらどうなるかは推して知るべしだろう。ぶっ倒れなくてよかった。でもしゃべるとちょっと変な人だよな。そういうとこもなんか気になる人だ。そういや「メレンゲファンで河野圭を知らない人がいたら、それはクボ君を性的な目でしか見ていないってことですからね、音楽は二の次で」とのたまってたが、みなさん大丈夫ですか。クボンゲハゲても愛してあげてくださいね。まあそれはいいや。あとチェロのイケメンがアンコールでやる「メトロ」の譜をなくして紙束をぐちゃぐちゃ引っ掻き回しながら「どこ」とか言ってるのに対して「知らねえよ」と表情を変えずにキレていた。バンマス河野さんにも「お金もらってるんだぞ!」とお説教されていたのでイケメンちゃんとしてください。結局見つからず美女に見せてもらっていた。終演後、一目散に物販に向かって『gpq one』を買ったのは言うまでもない。会場限定だったが11/15には流通開始するらしいよ。ライブ終わってからマジでこれしか聴いてない。聴き続けるのをやめられない。おかげで今日夢の中でもライブ観てたぜ、ラッキー。







  1. 2017/10/18(水) 23:52:26|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

20171002

 そういやクボンゲ狩り、後半は18きっぷ説あるな。12/10から使えるのでお金はないけど時間はあるメレンゲファンのみんなは覚えておいてください。一枚5回分なので一日ずつ使ってもいいし友達と使うのもありだ。余れば売れる。まあそんなのみんな知ってるか。てかそもそも学生のファンてどれくらいいるのだろう。まあいいか。熊谷とかは文フリの前日だから厳しいしな、小生も後半ワンチャンあるなという感じである。夢が膨らむな。

 ハッ、そうそう文フリが。近づいてきてるな。ぼちぼちやってるんだが、とりあえず文庫本を一冊出す予定である。8、9割がた出来てきたんだけど、いかんせんこういうものを作ったことがないので入稿用のデータの作り方がよくわかってない。印刷所から届いた冊子を見たら、何行か切れてましたとかになりそうで怖い。余白? 余白とかいるのか? もしここを何かの間違いで読んでいる冊子作り経験者がいたら弟子入りさせてください。あと「こういうの読みたい」みたいなのもあればこっそり教えていただけるとうれしい。適当でいいので。

 文フリ、どういう人が出るのかあんまりわかってないが、とりあえずエディション・プヒプヒは楽しみだな。。もうすぐペルッツ『アンチクリストの誕生』も出るし。説明しよう、エディション・プヒプヒとは幻想文学の翻訳家である垂野創一郎さんが趣味でやっているやっぱり幻想文学の邦訳である。東京はほぼ毎回出てるのかな。たまに地方の文フリにも出ておられたと思う。文フリはなんだかんだ一回行ったきりでプヒプヒも全然持ってないので楽しみである。前に行った時は「クワエウィース?」とか買った記憶がある。あれは短編で読みやすく面白いので、まだあるかわからないけどおすすめ。11/23、祝日だし暇だったらみんな文学フリマ来てください。






ノリで名刺を作ってしまったのでほしかったら言ってください。



  1. 2017/10/02(月) 12:11:27|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

20170816クボノ宵


 いや、クボンゲのソロツアーが発表されましたな。東北や九州とか長いこと行ってない場所をまわるので、そこらへんの知り合いのことを思い出して自分もなんかめちゃめちゃうれしい。おれもクボンゲ狩りしたいぞ。でも基本ド平日かつ開演が遅いのでなかなかきついよな。バスか。。。ウーム メレンゲで遠征はしたことないのだが、今回はちょっとどこか行ってみたいな。要検討である。そういやメレンゲのツアーファイナルの前にちょっと簡単に8月の弾き語りを振り返ってもいいですか、あっちもめちゃめちゃよかったから。

 クボンゲはなぜか緊張していた。クボさん、緊張してると声が張り詰めるのでいつも緊張していてほしい。語弊 張りつめているだけでなく、この日はいつもより声が柔らかかった。張りつめさせて声を放つだけでなく、ふっと声量を落とすのが絶妙だった。音程を取るのはうまくないけど、その表現は非常に豊かでこまやかだ。声はホントによかったんだけど、本人は喉のコンディションを気にしているようだった。たしかに歌い終わった後の「ありがとうございます」の声はしんでたが、めちゃめちゃよかったよ。「声とか昔とは変わってるんだろうな、、、どんどん低くなっていくんでしょうね、、、」みたいな暗いことを言っていた。しかしクボ氏の場合は加齢というより不摂生がネックなのではないか。摂生してください。

 てか終始40歳になったことをめちゃくちゃ気にしていたので、良心が痛んだ。なんか照れくさくてからかっちゃうんだが、ぶっちゃけ40歳をおっさんだと思うかというとそうでもないので気にしないでほしい。ごめんな。しかし冗談めかして「オレは絶対長生きしないと思う、たぶん近い将来、お別れすることになりそう、、だから最近、遺書書いとかなきゃと思ってて。パソコンのいやーなデータとか、消したいんですよ。でも・・・もしかしたら長生きしちゃうかもしんないし」みたいなことを言っていて、冗談でもそんなこと言わないでくれよなと思った。気持ちはわかるけど、これ以上死なれたら困るぜマジで。そんなこと言うから「東京」以降ギターをかけ直すたびにことごとくストラップがねじれるんだぞ。そういうところだぞクボンゲ!! あと「オレ全然ツイッターつぶやいてないんだよね、、、でもツイッターでしか活動がわからないっていう、、、」という発言はかなり問題なんじゃないですか、自覚あるんじゃねーか!! そういうところだぞ! 

 それにしてもカバーがめちゃくちゃよかったんですよ、、、悔しいけど。「赤いスイートピー」ってなんなんだよ、最高じゃないですか。女性ボーカルの曲をカバーしてほしいという欲望を見透かされたような気持ちである。もっとやってください。「この曲はね、絶対みんな知ってる」と言ってやってくれた。やる前に声を出さずに軽く弾きながら練習していた。そんなことしてるやついたな。全体的にふわっとした優しい歌い方で、時折すねるように声が張り詰める。声がちゃんと出るか不安なのか、サビ前はちょっと溜めて歌っていた。40歳男性の歌う「赤いスイートピー」がめちゃくちゃよかったなんてめちゃくちゃ悔しいな。ウソです、ありがとう。しかし松本隆ホント好きなんだろうな。いいよな。原田真二とかもっとロック志向だったみたいだからああいう歌詞はつらかったんだろうけど、でもあの歌詞やっぱすごくいいんだよな。

 「この曲もたぶんみんな知ってる」と言ってやったのは尾崎豊「forget-me-not」だったが、全然知らなかった。ごめんな、、、でも繊細なメロディがよく合っていた。「窓をたたく風に目覚めて 君に頬をよせてみた」というところなんかは自分の歌では出ないような低く張った声で面白かった。「この曲はみんな知らないかも」と言っていたのは同じく尾崎豊の「傷つけた人々へ」という曲だ。こちらは打って変わって明るい曲調だが、よかったな。歌詞の鋭さやメロディが光っていた。「カバーは『こんな曲作りたかったな』と思う曲を選ぶ傾向がある」みたいなことを言ってたが、分かるな。どれもいい曲だった。

 「他のボーカルはみんな(カリスマ性があって)モテてるのに、オレだけこんなでおかしい」みたいな内容でごねはじめて山本氏に「でもいい曲書ける才能があるんだからいいじゃないですか」となぐさめられたあたりだったか、ポツリと「でも最近苦しいんだ。曲がポンポン出てこないから、」と言っていた。あなた、他のこともめちゃめちゃマイペースなんだから曲作りのペースだってゆっくりで全然いいじゃないですか。ライブめちゃめちゃやってくれれば全然気にならないです。あ、バンドもね。

 「いい声って言われたことない、なんかズルい声って言われる 、、、オレも自分でいい声と思わないから、『お前なんでわかったん』って、、『もうこいつとは会えない、、、』みたいな、、、でもねなんかね、「ズルい」ってワード僕多いですよ」みたいに愚痴っていたが、一方で「うすーいオケでCDとか出したい、バンドのアレンジも好きだけど、少ない音でやると自分の声がよく聴こえて、、よさに気づく!」とも言っていた。後退してるようで少しずつ進んでるとこが結局なんか好きなのかもしれないな。

 「歳とるとホントね、、、こんなこと言うと思ってなかったんだけど、、、この歳までやってるとも思ってなかったんだけど、、、でもまだまだやって行きたい」みたいなことばっか言ってたけど、10年後も20年後もそうやって愚痴りながらやってるの聞き流してたいよな。




  1. 2017/09/30(土) 15:12:43|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クボンゲにカバーしてほしい曲リスト

 メレンゲファンならクボンゲの声で聴きたいあれこれを胸に秘めている人は多いと思う。小生にもある。メレンゲでカバーというのはあまりないが、弾き語りだとわりとやるので妄想も捗るというものである。ただ大体80年代のポップスとかでたしかにいい曲だがあまり馴染みがない。だって全然生まれてないしな~。というわけで、本人が選ばなそうな曲ばっかり集めたリストを作ってはなくし、作ってはなくしている。なくすと何を書いてたか忘れるので、最新のメモを残しておこうと思う。



・Imogen Heap 「Hide and Seek」

わりと洋楽のカバーをしてほしい気持ちがあるんだけど、イモージェンヒープ、かなりいいんじゃないだろうか。閉ざされた、しかし感情のうねりのあるエレクトロニカで、夏に空調の効いた空間で聴きたい曲だ。最近全然使ってないボコーダーを使ってほしいんですよ。歌詞も難しくないし、弾き語りでぜひやってほしい。ここで豆知識なんですが、彼女は奇しくもクボンゲと同い年で身長も180近くの長身なんだよな。イモージェンヒープ、やってください。圧 


・Susanne Vega 「Luka」「Gypsy」

わりと洋楽をカバーしてほしい気持ちがある。(二回目)80年代をいにしえとか言っておきながら、これはどちらも80年代の曲である。まあ小さい時から聴いてた曲は別です。「ルカ」は曲だけ聴くと優れたポップソングだが、歌詞が虐待を受けている少年の語りであるけどもそれは今はよくて、とにかく声がエモいので歌ってほしい。「ジプシー」は風のような爽やかな抜け感があって歌詞がかわいい。スザンヌヴェガかわいいな。うちの親と同い年ですが。これもクボンゲの声質に合っていると思う。


・Weezer 「Island In The Sun」

彼は若い頃に結構ウィーザー聴いてたと思うのだが、ウィーザーならこれという気がする。「忘れ物」によく似たリフが出てくるんだよな。泣きのウィーザーですが、これは聴いてるとホント憂鬱になるのでいいと思う。



 邦楽は性癖が出まくる気がしてとりあえず洋楽だけにしとこうと思ったが、見たら洋楽はそんなに書いていなかった。ぶっちゃけあまり洋楽聴いてないしマッチするものとなるとさらに限られていくのでむつかしいな。とにかく声を大にして言いたいことはイモージェンヒープやってくださいということである。ではまた次回。

  1. 2017/07/24(月) 12:34:34|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アイノウタ

 散々「July」「July」と騒いでいたくせに、ワンマンライブが終わったあと一番胸に響いていたのは新曲だった。「あいのうた」、「アイノウタ」、表記はよくわからない。まあでもバンドからセットリストを知らされているナタリーがカタカナ表記だったから、これがたぶん正しいんだろう。

質の高いバラードだ。幸福のなかにあっても、その心の芯からかなしみがほとばしるような業の深さがある。しかし何と言っても歌詞がいい。

愛という字のアイという読みは音読みで中国語からの借用語なんだよな。日本語だと「愛(かな)し」だと思うが、これはある人やものに対して喚び起される痛切な感情に胸が切り裂かれる感覚をさす言葉で、プラスもマイナスも分かたれていない言葉なんだよな。いとしいも悲しいも、どちらも激しい感情のうねりとして未分化の状態にある。「アイノウタ」の愛は、この「かなし」の段階の愛という気がする。対象を包み込むことを志向する、いとおしいという幸福な感情のなかに、強烈な悲しみが同時に内包されている。カオスの愛だ。自分はこっちのが好きです。

早く歌詞カード見ながら聴きたいよな。


  1. 2017/07/20(木) 21:54:55|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ